こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■「菊の節供」とその日取り
 今日は九月九日。
 九と九とが重なる「重九(ちょうく)の節供」の日です。
 数字を陰数(偶数)と陽数(奇数)とに分けて考えた古代中国の陰陽思想か
 らすると、「九」は陽数の最大の数ということでこれが二つ重なることから
 「重陽(ちょうよう)の節供」と呼ばれます。

 節供には、その節供の時期を代表する植物と結びついた別名が有りますが、
 これで言えば秋のこの節供は「菊の節供」となります。
 ちなみに五節供を全て並べてみると

  ・人日(じんじつ)の節供 (一月七日) 七種(草)の節供
  ・上巳(じょうし)の節供 (三月三日) 桃の節供
  ・端午(たんご)の節供  (五月五日) 菖蒲の節供
  ・七夕(しちせき)の節供 (七月七日) 笹の節供
  ・重陽(ちょうよう)の節供(九月九日) 菊の節供

 という具合になります。


◇節供の役割
 一年の生活の中で特別な日(「晴(ハレ)」)と日常の日(「褻(ケ)」)
 の日があって、晴れの日が褻の日の間に挿入されることでマンネリ化しがち
 な生活にメリハリが生まれました。
 節供はそうした生活にメリハリを生む晴れの日で、季節の節目節目に置かれ
 ています。

 また節供は「節供」と書くように、一年に幾つかの節目をおいて供物を供え
 て天地の神や祖先を祀るものでした。
 この節供は一年に五回あり、これを五節供と呼びます。五節供それぞれの名
 前は既に書いたとおり、

  人日・上巳・端午・七夕・重陽

 の五つです。

◇節供の日付と季節
 節供の日付は月と日の数が同じになる日付は特別な日であるという重日思想
 が色濃く表れています。
 また、一年の節目ということから一年の季節との関係も固定化してきます。
 例えば上巳の節供は農耕作業の始まりの時期であり、それは桃の花が咲く季
 節で有るという具合です。

 今日の重陽の節供も九月九日と月の数と日の数が同じとなるという重日思想
 的な意味と、稲の刈り入れを終える時期であり、菊の花の咲く季節という意
 味がありました。

 こうした日付と季節の関係は長い間かかって、繋がりあった訳ですが、こう
 した関係が明治の改暦による年首(年の始め)の位置の変化によって変わっ
 てしまいました。

 現在の暦では今日は九月九日。月と日の数が重なるということでは重陽の節
 供の条件を満たすものですが、季節との関係という点で言えば稲の刈りあげ
 の時期としては少々早すぎ(地域差はありますけれど)、菊の花の時期とい
 う点でも早すぎます。

 そのため、例えば重陽の節供の行事である菊の花に被綿(きせわた)をして
 その綿の吸った露によって身体を拭き穢れを祓うというような行事にはそぐ
 わない時期に節供の日付がやって来てしまっています。
 では、季節に合わせて日付をずらすかというと、これはこれで月と日の数が
 重なる日という節供の決まりから外れてしまいます。

 彼方をたてれば此方がたたず。悩ましいところです。

◇各地の重陽の節供
 前述したとおり、季節をとるか、日付をとるかで同じ重陽の節供でもその日
 取りが違ってしまいます。
 実際に各地で行われる重陽の節供行事を、調べてみるとやはりどちらを優先
 させているかで違いがあるようです。
 有名な行事を幾つかを拾い出してみると

  ○大宮八幡宮(東京) 菊被綿 ・・・ 2008/ 9/13〜15
  ○神賀茂神社(京都) からす相撲・・ 2008/ 9/ 9
  ○市比賣神賀(京都) 重陽祭 ・・・ 2008/ 9/ 9
  ☆太宰府天満宮(福岡)秋思祭 ・・・ 2008/10/ 8
  ☆長崎市  (長崎) 長崎くんち・・ 2008/10/ 7〜 9

 ○印は日付を、☆印は季節を優先した日程となっているようです。
 日付を優先させるのがよいのか、季節を優先させるのがよいのか、そのどち
 らか一方がよくて他方は悪いとは言えません。この辺の決着がつくためには
 まだまだ、時間がかかるようです。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/09/09 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック