こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■二八月荒れ右衛門
 「ニハチガツ アレエモン」と読みます。
 旧暦の二月、八月は嵐が多いということを表した諺です。


◇旧暦八月は嵐の月
 現在も暦に残る「二百十日」や「二百二十日」といった嵐に注意を向けるた
 めの雑節は旧暦の八月頃に集中しています。現在で言えば九月頃と言うこと
 になります(ちなみに本日 9/10は二百二十日です)。
 この頃になると、台風が日本に接近、上陸することが多くなります。

 この時期に嵐が多くて大変だと言うことは、広く言い伝えられていたのでし
 ょう、ことわざ辞典の類を引くとこれに似た諺が幾つか見つかります。例を
 あげれば次のようなものです。

  ・二八月に思う子船に乗するな
  ・二八月は船頭のあぐみ時
  ・二八月は風の秋
  ・二八月の風で傍(そば)が迷惑
  ・二八月の掌(てのひら)返し

 先の二つは海がしけるので船に乗るのは危険だということを表している言葉
 で、後の三つはこの時期の風について言い表している言葉です。

 少々ひねりのあるのは最後にあげた二つ。
 「二八月の掌返し」は、この時期の風向きが目まぐるしく変化する様子を掌
 を返すという表現で表しています。「二八月の風で傍が迷惑」は傍(そば)
 と蕎麦(そば)を掛けて、この時期の嵐で作物の蕎麦が被害を受けると言う
 ことを「傍迷惑(はためいわく)」と解いたもののようです。
 最後は「傍迷惑」でしめているあたり、嵐は嫌だが自然の中で生きている限
 りこれもまた仕方がないものだと受け入れているような気がします。

 ちなみに、八月とペアで語られている二月の嵐は台風ではなくて強い温帯低
 気圧の通過によって生まれるものです。「春一番」の強風による嵐などがこ
 れにあたります。

◇二百二十日の荒れじまい
 諺と言えば、「二百二十日の荒れじまい」というものもあります。
 これは、二百二十日を過ぎればそろそろ嵐の季節も終わりだという言葉です
 が、この諺にも登場する二百二十日は今日 9/10。

 そんな二百二十日の前日の天気予報では、日本の遙か南西海上には台風13号
 が生まれたことが報じられていました。
 さてこの台風は、はたして日本に向かってくるのでしょうか。それについて
 は門外漢の私には何も言えませんが、近頃では

  記録的に遅い台風上陸

 などのニュースを耳にすることが増えてきたような気がします。少しずつ気
 候が変わって、「二百二十日の荒れじまい」とはいかないようになってきて
 いるのでしょうか。
 暦の雑節に二百十日、二百二十日の他に新たに「二百三十日」何て言うもの
 がそのうち加わるかも?

 新たな雑節が加わるとこよみのページはまたちょっと賑やかになるでしょう
 が、賑やかにならなくたっていいので、昔ながらに

  「二八月荒れ右衛門」も「二百二十日の荒れじまい」

 として欲しいものですね。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/09/10 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック