こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■二十四節気とその日時の求め方について
 二十四節気は季節の変化と暦の日並み月並みを結びつけるために考え出され
 たものです。

◇暦が生まれた頃の話し
 人間が農耕や狩猟のために季節の変化等の周期を知るために暦を考え出しま
 した。季節の変化は太陽の位置の変化によって生まれるものですが、これを
 直接測るのは、大昔の人たちには大変難しいものでしたので、これに変わる
 解りやすい変化として目をつけたのが月の満ち欠けです。
 月の満ち欠けは、見れば解るわけですから、便利この上もないものです。

 そのため、世界のほとんどの暦はその初期においては月の満ち欠けに基づい
 て組み立てられた太陰暦とし生まれました。
 月の満ち欠けを数えながら季節の変化を追ってゆくと、満ち欠けが12回繰り
 返されると、季節はほぼ同じ状態に戻ってくることが経験的に解ってきて、

  一年は十二ヶ月

 と考えるようになりました。
 さて、月の満ち欠け12回で季節は「ほぼ同じ」状態に戻ると書いたとおり、
 この便利な一年は月の満ち欠け12回(十二ヶ月)という周期は、正確なもの
 ではありません。どれくらい違うかというと、月の満ち欠け12回を暦の一年
 と考えると約16年で季節は半年分狂ってしまいます。最初正月が冬だったと
 すると16年後の正月は真夏になってしまいます。

 月の満ち欠けだけで作った暦はほんの 1年とか 2年の間なら使えるかも知れ
 ませんがこれを10年以上も使うことはかなり難しそうです。さりとて、一年
 は月の満ち欠け12回という解りやすい仕組みも棄てがたい。
 折衷案として、基本は月の満ち欠け12回での一年を使いつつ、暦の日付に季
 節の変化を表す印を付けるという方式を考え出しました。

◇暦につけられた季節の印
 季節の変化を暦の日付につけるとはどういうことかというと

  秋の始まりは、
   去年は 6/26  ※8/8
   今年は 7/ 7  ※8/7
   来年は 6/17  ※8/7

 という具合に暦の日付の上に「秋の始め」と書いておけば、暦を見ながら、
 ああ、秋の初めだからこの日からそろそろ稲刈りの準備を始めようなんて考
 えることが出来るわけです。こうして考えられた「季節の目印」が二十四節
 気でした。

 ちなみに例であげた「秋の始め」の印は二十四節気の一つ、立秋の日です。
 次に書き込まれた日付は立秋の旧暦(太陰太陽暦の一種)の日付です。さら
 に後ろに「※」がついている日付は新暦での立秋の日付です。

 二十四節気は季節の動きの目印ですから、季節の動きの元である太陽の動き
 を基に考え出されています。ですからこの二十四節気を取り入れた太陰暦は
 太陽暦(太陽の動きに基づいて組み立てられた暦)の一部を取り込んでいる
 ため太陰太陽暦と呼ばれます。日本のいわゆる旧暦と言われる暦はこの太陰
 太陽暦の一種です。

◇二つの二十四節気の計算方式
 二十四節気の計算方式には大きく二つの方式があります。
 一つは「恒気(こうき)」または「平気(へいき)」と呼ばれる方式で、
 他方は「定気(ていき)」または「実気(じっき)」と呼ばれる方式です。
 いろいろな呼び名が出てくると混乱しそうなのでここでは、

  恒気 と 定気

 と言う名前で説明することにします。
 ちなみにこうして決められる二十四節気の瞬間とは、その節気に入る瞬間で
 あって(「節入り」といいます)、それぞれの節気はその瞬間から次の節気
 に入るまでの期間(大体15日前後)を指します。

◇恒気方式・・・日数均等割方式
 恒気方式の計算はまず冬至の瞬間と次の冬至の瞬間を計算することから始ま
 ります。今年の冬至と次の年の冬至の瞬間を計算したとき

  今年の冬至の瞬間・・・2008/12/21 21h04m
  来年の冬至の瞬間・・・2009/12/22 02h47m (その差 365.238日)

 冬至と冬至の間隔(つまり一年の長さ)が決まったところで、これを二十四
 等分し、その日数を今年の冬至の瞬間の日時に加算してゆけば二十四節気が
 決まるというのが恒気方式です。つまり次のような具合です。

  2008〜2009年の冬至の間隔・・・365.238日
  365.238 / 24 ≒ 15.218(日)

  2008/12/21 21h04m 冬至 (  0.000日)
  2009/01/06 02h18m 小寒 ( 15.218日)
  2009/01/21 07h33m 大寒 ( 30.437日)
   (略)
  2009/12/22 02h47m 冬至 (365.238日)

 ということになります。日数計算や、時分の計算が面倒ですが原理は大変解
 りやすく簡便です。江戸時代以前に使われていた太陰太陽暦のほとんどはこ
 の恒気方式の二十四節気です。例外は最後に使われた天保壬寅暦だけです。

◇定気法式・・・黄経角度均等割方式
 江戸時代に使われた太陰太陽暦の中で唯一天保暦だけが二十四節気の計算に
 採用したのがこの定気方式。

 こちらは、太陽が一年かけて天球上(星々の間)を通過してゆく道筋である
 黄道と呼ばれる大円を角度で二十四等分して、この等分された角度を太陽が
 通過する瞬間を二十四節気の節入りとしました。

 現在の取り決めでは、冬至は黄経(黄道上の経度方向の角度) 270°、小寒
 は 285°、大寒は 300°という具合に15°間隔で区切られています。ちなみ
 に黄経 0°は春分がこれに当たります。
 例として今年の幾つかの二十四節気の節入りの瞬間を定気で計算すると

  2008/12/21 21h04m 冬至 ( 270°)
  2009/01/05 14h14m 小寒 ( 285°)
  2009/01/20 07h40m 大寒 ( 300°)
   (略)
  2009/12/22 02h47m 冬至 ( 270°)

 となります。
 毎年 2月の官報に「暦要項」して公示される二十四節気はこの定気方式によ
 るものです。

 この定気法式は暦の歴史から考えると例外的な方式と言うことが出来るので
 すが、明治改暦直前に使われていた天保暦がこの「例外」であり、この天保
 暦の考え方をそのまま踏襲したため現在の二十四節気計算はこの例外的な定
 気法式になってしまいました。


◇二十四節気にまつわるちょっとした誤解
 二十四節気は太陰暦(いわゆる旧暦を「太陰暦」だと誤解している方は多い)
 のものだと思い込んでいる方がいらっしゃいますが、太陰暦には二十四節気
 に相当するものはありません。恒気方式にせよ、定気方式にせよ二十四節気
 は太陽の動きだけで決められるものなので太陽暦の一種と言えます。
 月の満ち欠けによって作られる太陰暦とは関係ありません。

 いわゆる旧暦は、太陰暦を基本としてそれに太陽暦の一種である二十四節気
 の考えを導入したもので、そのため「太陰太陽暦」と呼ばれる暦に分類され
 ます。

 二十四節気が太陰暦のものと誤解される理由は、旧暦が太陰暦だという誤解
 と、その旧暦には登場するのに太陽暦である新暦にはそのような仕組みが見
 あたらないことからだと考えられます。

 旧暦が太陰暦だというのは誤解だと言うことは既に書いたとおりです。もう
 一つの誤解の元、太陽暦である新暦に二十四節気的なものが見あたらないこ
 とについては、実は無くて当たり前なのです。

 なぜなら、新暦は太陽の動きに合わせて一年の周期を決定し、それに均等に
 日付を割り振っていますから、考え方は恒気方式の二十四節気と同じ。つま
 り、 365日みんなが二十四節気みたいなものなので、ことさら二十四節気な
 どの日を書き入れる必要が無いのです。
 新暦では毎年の二十四節気の日付がほとんど変化しないのはこのためです。

◇最後にもう一つ、間違った話し
 「二十四節気の節入りの日付や時刻でその年の気候の変化がわかる」
 という話しを聞くこともありますが、これもまた間違った話し。
 二十四節気は一年間に起こる季節の平均的な変化、大寒の頃は寒いとか立秋
 を過ぎると少しずつ涼しくなるとかの目安にはなりますが、個別の年の小さ
 な気候の変化をこの日付や時刻から読み取ることは出来ません。

 時折、二十四節気の節入りの日付や時刻を自分の都合に合わせて解釈して、
 今年の「夏は長引く・・・」なんて言うことをいう人がいますが、詳しく追
 求してゆけばそうした話しは直ぐにボロがでます。
 日刊☆こよみのページをお読みいただく方々は、そうしたおかしな話しに振
 り回されないで頂きたいと思います。

 以上、二十四節気とその計算方法についてのちょっと(うんと)長い暦のこ
 ぼれ話でした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/09/13 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック