こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■クリスマス・ツリー
 今日はクリスマス・イブですので、クリスマスにまつわる話を一つ。
 自宅に飾り付けされたクリスマス・ツリーがあるというお宅も多いことと思
 います。
 本日はこのクリスマス・ツリーの由来について書いてみます。

◇クリスマス・ツリーはドイツ生まれ
 今ではイエス・キリストの誕生を祝うクリスマスには無くてはならないもの
 の一つとなったクリスマス・ツリーですが、これはキリスト教が生まれた中
 東や、世界宗教への拡大が始まったローマなどで生まれたものではありませ
 ん。深い森に住むゲルマン人の間にキリスト教が伝道され、ゲルマン人の間
 にあった巨木信仰がキリスト教に取り込まれて生まれたのが、クリスマス・
 ツリーだったといわれています。

 伝説によれば、ドイツにキリスト教を伝道したウィニフレッド(ボニファテ
 ィウス)という宣教師がドイツの深い森の中で、巨木の周りにかがり火を焚
 き、幼児を生け贄にして雷神トール神をなだめる冬至祭り行おうとしている
 村人達に出会い、

  神は幼児の生け贄など欲してはいない
  それどころか、人々の救い主として神の幼子を与えてくださったのだ

 とキリスト教の神の愛を説いて、そのまま巨木を囲んでクリスマスを祝った
 ことが、クリスマス・ツリーの始まりだとされています。

 近世では、宗教革命で知られるマルティン・ルターが子供達を喜ばせるため
 にモミの木を飾り付けたのことから広がったともいわれています。

◇クリスマス・ツリーの飾り付け
 ドイツではクリスマス・ツリーではなく、クリストバウム(Christbaum,キ
 リストの木の意味)と呼ばれるそうです。

 飾り付けにも意味があり、土台となる常緑のモミの木は「永遠の命」を、枝
 に着ける赤いリンゴは「愛」を、ローソクは「信仰」を、天辺に着ける星は
 「希望」をそれぞれ象徴するものだそうです。

 ちなみにクリスマス・ツリーは年開けて 1/6の公現日まで飾るものだとか。
 日本の場合、飾り付けは異様なほど早いのですが、後かたづけもかなり早い
 ですね。
 年明けの公現日までどころか、年の暮れにはすっかり取り片付けられて、正
 月の松飾りに取って代わられてしまいます。
 これも、「所変われば」と言うことなのでしょうか。

 クリスマス・イブの今日、クリスマス・ツリーを見かけたら、その飾り付け
 の意味など思い返して、少しはクリスマスの意味を見直して頂ければと思い
 ます。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/12/24 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック