こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■花の時を知らせる風
 二十四節気の小寒から穀雨まで、つまり晩冬から晩春までの期間は様々な花
 が咲く時期です。ほんの数日前まではまだ堅い蕾に見えたものが、気がつけ
 ば花となっているということに驚かされるということも、この時期なら一度
 や二度ではないはずです。

 この時節に吹く風は、こうして私たちを驚かせながら次々に咲く花を知らせ
 てくれるものだと考えて、花信風(かしんふう)と呼ばれます。
 小寒から穀雨まで、その時期に咲く代表的な花、二十四種にそれぞれ風を配
 したため、二十四番花信風(にじゅうしばんかしんふう)とも呼ばれます。

◇二十四番花信風
 小寒から穀雨までの節気 8あり、二十四の花はその一つの節気にそれぞ 3つ
 づつ配されます。
 どのような花が、どの時期の花と考えられているかを示せば次のようになり
 ます。

 ・小寒(1/05〜1/19)
   梅、山茶(椿)、水仙

 ・大寒(1/20〜2/03)
   瑞香(沈丁花・じんちょうげ)、蘭、山礬(灰木・はいのき)

 ・立春(2/04〜2/17)
   迎春花(黄梅)、桜桃(山桜桃・ゆすらうめ)、望春(辛夷・こぶし)

 ・雨水(2/18〜3/04)
   菜(菜の花)、杏、李

 ・啓蟄(3/05〜3/19)
   桃、棣堂(山吹)、薔薇

 ・春分(3/20〜4/04)
   海棠、梨、木蓮

 ・清明(4/05〜4/19)
   桐、麦、柳

 ・穀雨(4/20〜5/04)
   牡丹、荼靡(頭巾薔薇・ときんいばら)、楝(栴檀)

 今の時期なら、菜の花や杏(あんず)や李(すもも)の花が咲き出す頃と言
 うことですね。そう言えば、近所で菜の花が咲いているのを見かけます。
 杏や李はどうかというと、近所に杏や李の木があるところを知りませんので、
 残念ながら確かめることが出来ていません。
 身近に杏や李の木がある方がいらっしゃったら、現在の花(か蕾)の状態を
 教えて頂きたい。よろしくお願いします。

◇折り返し地点?
 小寒から数え始められた二十四番花信風も現在(2009/02/25)辺りだとちょ
 うど折り返し地点くらいです。
 二十四番花信風の残り半分も吹いて、これらの花がみんな咲いてしまうと春
 も終わり。夏が始まる頃となります。

 さて、皆さんの身の回りでは上に掲げた花のうちのいったいいくつが見つか
 るでしょうか。花信風は皆さんにきちんと花の時節を伝えてくれているでし
 ょうか。

 そしてなにより、私たちは花信風の知らせを感じ取れているでしょうか。
 今朝吹く風は何を伝えてくれるのかなんて注意して見ると、それだけでも一
 日が楽しくなりますね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2009/02/25 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック