こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■バカヤロー
 マイク禍というものがあるとすれば、最近では食品の産地偽装などで糾弾さ
 れた料亭、船場吉兆の謝罪会見が記憶に新しい(2008年のこと)。
 謝罪の言葉を述べる息子に

  「頭が真っ白になって・・・」

 と小声で、言うべき言葉(?)を伝えていた女将の声をマイクが拾っていた
 という事件がありました。
 何でもあの事件の後、会見に用いられたマイクは、その高性能ぶりが認めら
 れて、注文が殺到したとか。確かに本人はヒソヒソ声でこっそりと伝えたつ
 もりの言葉を、大変明瞭にマイクが拾っていました。

◇元祖マイク禍
 さて、近頃のマイク禍の話を書いたところですが、本日はマイク禍の元祖と
 も言えそうな事件が起こった日です。
 それが起こったのは、昭和28(1953)年 2月28日。
 ところは、衆議院予算委員会。
 発言者は吉田茂総理(当時)です。
 今日の記念日にも取り上げている「バカヤローの日」がそれ。

 吉田茂首相が社会党の西村栄一議員との質疑応答の中で、西村議員に対して
 「バカヤロー」と暴言を吐いたことがきっかけとなって衆議院が解散される
 に至ったため、この解散は以後、

  バカヤロー解散

 として日本の歴史に名を残しました。
 「バカヤロー解散」なんていうと、なんだか大声で「バカヤロー」と叫んだ
 かのような錯覚をしてしまいますが、事実はさにあらず。
 西村議員との質疑がつづき、その答弁後に吉田首相が自席に戻ろうとしたと
 きに「バカヤロー」と呟いただけです。

 この「バカヤロー」の呟きをたまたまマイクが拾ってしまったため、これが
 議会軽視の発言とされて懲罰動議が出され、やがて内閣不信任決議案が提出
 されるまでの騒動となりました。この内閣不信任決議案は可決され、この結
 果を受けて、吉田首相は衆議院を解散することになりました。

◇口は禍の元
 口は禍の元と言います。
 吉田首相も、腹立ち紛れで呟いた「バカヤロー」の一言が禍の元となってし
 まいました。

 口は禍の元といえば、吉田茂首相の孫に当たる麻生首相もその口からいろい
 ろな禍を招いているようです。
 口から禍を招きやすい御血筋なのでしょうか?

 だたし、御血筋は間違いないとしても初代と三代目ではスケールは大分違っ
 ているようですが。

 ちなみに、本日「バカヤローの日」は普段腹の立っていることに対して

  バカヤロー

 と叫んでもよい日だとされています。吉田首相やお孫さんの麻生首相にはい
 ろいろと「バカヤロー」と叫びたいことがあるでしょうね。
 まあ一国の総理大臣なんていう立場でなくとも「バカヤロー」と言いたいこ
 との一つや二つはあるでしょうから、思いきってそんな事柄に対して

  バカヤロー

 と叫んでみませんか?
 叫んでみるとすっきりしていいかも知れませんよ。
 ただし、この「バカヤロー」が新たな禍の元になったとしても、私には責任
 はとれません。悪しからず。
 
  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2009/02/28 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック