こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■富士山測候所記念日
 明治時代に生きた人物の話を読むと、「気骨」という言葉以外、評する言葉
 がない人がいます。
 今日8/30は、富士山測候所記念日。この記念日は明治時代に生きた或る気骨
 の人の行いを思い起こさせる日です。

 その人物の名は野中至(のなか いたる)とその妻野中千代子(のなか ち
 よこ)。
 野中は、日本の気象学発展のためには高層気象の観測が是非とも必要と考え
 ました。そしてその観測の最適地は富士山頂で、ここでの通年観測すること
 が必要だと訴えました。しかしいくら主張してもそんな高所での通年観測な
 ど出来るはずもないと相手にもされません。

 富士山は昔からよく知られた山であり、夏の富士は登山客で溢れるほどです
 から、登りやすい山と思う方もいらっしゃるかも知れませんがさにあらず。
 単独峰で風雪風雨の影響が強く、またもろい土質で落石も多い危険な山です。
 ことに冬の富士山は現在の登山技術を持ってしても大変危険な山です。

 強風と厳寒、そんな冬の富士山で気象観測なんてとても出来るはずがないと
 いうのが当時の分別ある人達の一致した意見でした。

 中野はこうした当時の常識を覆すためには実際にやってみせるしかないと考
 え私財を投じて富士山測候所の元となる野中測候所を作りました。今日8/30
 はその野中測候所の開設日です(明治28年、1895年)。

 野中もやはり一番問題と考えたの冬の富士山頂の風と寒さ。そのため実際の
 「富士山の冬」を経験するため、この年の 1,2月に冬季の富士登山を行って
 います。当時のことですから冬山用の登山用品などあるわけもなく、ツルツ
 ルの氷と化した雪面を登るための靴作りから始めなければならない有様だっ
 たようです。

 野中測候所が完成し、通年観測を目指して観測が開始されたのは1895/10/1。
 2 時間毎に 1日12回の気象観測をたった一人で行い始めます。
 毎日一日中 2時間毎の観測を一人でするのですから寝る間もないことになり
 ます。ちょっと考えれば計画段階で「無理がある」と解りそうなものですが、
 そこはそれ大馬鹿者の野中さんはそうは考えません。やってしまうわけです。

 とはいいながら、やはりどう考えても一人では無理。少なくとも衣食住の世
 話くらしてあげないと。そう考えて山に登ったのは野中千代子。つまり野中
 至の細君です。

 細君の支援を受けて多少は現実的になった観測でしたがそれでもやはり無理
 なものは無理でした。結局、大馬鹿者野中至のこの無謀な冬季観測は途中で
 中止せざるを得ませんでした。

 寒さと高山病、栄養失調で野中至は歩くことも出来ない状態になり(それで
 も膝に草鞋をくくりつけて這って観測をしていたそうです)、このままでは
 野中夫妻の生命が危険と考えた支援者の送った救援隊に観測中止を説得され
 て夫妻はついに観測継続を断念、 12/22に富士山頂から担ぎ下ろされました。

 救助隊の救援によって一命は取り留めた野中でしたが、健康が回復するとま
 た何度も富士山に登って観測を継続しました。こうした彼の活動が徐々に認
 められるようになって、彼の提唱した富士山での高層気象観測の重要性も認
 識され、ついには富士山測候所が建設されることになり、今日8/30は富士山
 測候所記念日となりました。
 この記念日は、富士山測候所の記念日であるとともに気骨ある一人の大馬鹿
 者とその妻の記念日でもあります。

 ちなみに、富士山頂の連続滞在日数の記録は現在でもなおこの明治28年に記
 録された野中至の滞在日数83日。そして第 2位の記録はその妻、野中千代子
 の71日です。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2009/08/30 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック