こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■紅葉蔦黄ばむ
 暦には季節の変化の目安となる二十四節気がありますが、それを更に細分化
 したものに七十二候もあります。二十四節気は中国から暦が伝来した時から
 ほとんどその姿を変えず使われ続けていますが、七十二候の言葉には、日本
 に来て、日本の動植物の変化などを読み込んだものに入れ替えられて日本化
 して使われて来ており、このため本朝七十二候と呼ばれることもあります。

 さて、この本朝七十二候の11/2〜11/6(2009年)に該当するものは

  紅葉蔦黄ばむ(もみじ つた きばむ)

 で、立春の日の「東風凍を解く(はるかぜ、こおりをとく)」から始まる七
 十二候の54番目の候です。
 紅葉が始まり、蔦の葉が黄ばむ頃とは、まさに晩秋から初冬の風情ではあり
 ませんか。

◇カエデの紅葉日
 紅葉蔦黄ばむという言葉ですが、日本は南北に長い国土をもちますから、こ
 の七十二候に何処もぴったりというわけには行きません。地方毎にかなり違
 いがあると思います。そこで地方毎の紅葉の頃、蔦黄ばむ頃とはいつ頃だろ
 うと思って調べてみました。
 調べてみたといっても、実際に調べてくれているのは気象庁の各地の気象台
 なのですが。

 気象庁では、植物および動物の状態が季節によって変化していく生物季節現
 象の観測を昭和28年から行っていて、その結果を公表してくれています。
 この生物季節現象の観測対象は結構多くて、植物については12種目について
 16種類の季節現象を観測しているとか。

 その中で私たちにもなじみのあるものとしては春の桜の開花日があります。
 「桜前線」などと呼ばれるものですね。では秋について桜前線に相当するよ
 うな言葉が無いかと考えてみるとありました、「紅葉前線」という言葉が。
 山の木々の葉が紅葉する目安となる言葉ですね。

 前述した気象庁の生物季節現象の観測項目には紅葉前線の目安となりそうな
 ものがあります。それが「カエデの紅葉日」というものです。
 この「カエデの紅葉日」とは

  『イロハカエデの標準木全体を眺めたときに、大部分の葉の色が紅色に変
   わった状態になった最初の日』

 となっています。
 気象庁の1971-2000 年の平均の資料を見ると、各地のカエデの紅葉日は

  北海道 10月中旬
  東北南部 11月上旬
  中国北部、近畿、関東北部 11月中旬
  九州、四国、近畿南部、関東南部 11月下旬

 の頃となっています。この通りだとすると11月上旬の今頃は紅葉前線は東北
 地方を南下中とと言うところでしょうか。

◇イチョウの黄葉日
 さて、「紅葉蔦黄ばむ」の紅葉をカエデの紅葉日で見てきたところでもう一
 つの蔦黄ばむに相当するものを気象庁の生物季節現象から探すと、蔦ではあ
 りませんが「イチョウの黄葉日」というものがありますので、これで葉の黄
 ばむ頃を見てみることにしましょう。

  『イチョウの黄葉日とは、標準木全体を眺めたときに、大部分の葉の色が
   黄色に変わった状態になった最初の日』

 となっています。カエデの紅葉日と同じく、気象庁の1971-2000 年の平均の
 資料から各地のイチョウの黄葉日を見ると

  北海道、東北 10月下旬
  北陸、東海、関東、甲信、東北南部 11月上旬
  九州北部、中国南部、近畿、東海・関東の太平洋側 11月中旬
  九州、四国 11月下旬

 こちらも紅葉前線とほぼ軌を一にして日本を南下中という具合のようです。
 読者の皆さんがお住いの地域の紅葉日、黄葉日はさていつ頃でしょうか。
 晩秋〜初冬の深い蒼色の空を背景にした紅葉、黄葉を今年も楽しみたいもの
 です。

  「私の町のイチョウの木の葉が黄葉しました」

 皆さんからの、そんなお便りも楽しみに待っております。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2009/11/03 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック