こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■左遷の日と天神様の縁日
 世の中には、いろいろな記念日があります。
 こんなものまであるのかと、思わずつぶやいてしまうようなものまで。
 本日の「今日の記念日」に登場した

  左遷の日

 も、「こんなのまであるのね」と云いたくなる記念日の一つでしょう。
 この左遷の日は、菅原道真(すがわらの みちざね)が右大臣から大宰権帥
 へと左遷された日とされる 901(延喜元)年1/25に因む日です。

 この日は、現在の季節で云うと2/21頃になります。
 左遷された道真を追って、一夜で太宰府まで飛び、その地で根付いたと云う
 飛梅伝説の梅も、この時期だともう咲いていたでしょうから、その花を見て
 あの、

  こちふかば にほひおこせよ 梅の花
  あるじなしとて 春なわすれそ

 を詠んだのでしょう。

◇天神様の縁日
 毎月25日は、天神様の縁日となっています。
 なぜこの日が天神様の縁日となっているのかというと、これは道真公の命日
 が 903(延喜 3)年2/25であったことからです。

 ではなぜ、道真公が天神様になったかというと、道真公が左遷された地、太
 宰府で亡くなってから、都では落雷の被害が相次ぎ、また道真公を陥れ、左
 遷した藤原時平(ふじわらの ときひら)の急死などがあって、これは道真
 公が死後、怨霊となって祟っているのだと考え、恐れた人々がその怒りを鎮
 めるために天神様として祭ったためです。

 元々「天神」は雷神として崇められていたそうで、道真公は死後、怨霊とな
 って都に落雷被害をもたらす雷神になったという噂が都で拡がり、

  天神様 = 道真公

 と考えられるようになったためだとか。
 後には、道真公が学問に優れた人物であったことから、天神様は学問の神と
 考えられるようになり、現在では雷神としての恐ろしい面は忘れられて、専
 ら学問の神様として、全国の受験生とその家族の合格祈願先として人気の高
 い神様となっています。

 現実の世界では左遷されて、そのまま地方で寂しく亡くなってしまった道真
 公ですが、死後はとんとん拍子で出世して、最後には神様にまでなってしま
 いました。
 まあ、現世で左遷され、死んでから敵対者達の罪滅ぼしの意味で神様にまで
 祭り上げられても、ちっとも嬉しくないでしょうね。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2010/01/25 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック