こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■「雨一番」の頃
 数日前に、近畿地方で春一番が吹いて、大荒れの天気の日があったことを書
 いたところですが、春一番について調べていたら、北海道には春一番がない
 と云うことを知りました。
 ついでに、冬の初めの冷たい強風、木枯らし一号もないそうです。

 「春一番」や「木枯らし一号」は春の始め、冬の初めには季節の移り変わり
 を示すのにちょうど良い目安となっていて、世のお天気キャスターと呼ばれ
 る人達には、なくてはならないアイテムといってもよいかも知れません。
 その二大アイテムがないとは、北海道のお天気キャスターはかわいそうです。

◇雨一番
 かわいそうな北海道のお天気キャスターの方々ですが、逆に北海道にしかな
 い「一番」があるそうです。
 それが「雨一番」。
 雨一番とは、立春以後に雪を交えずに降る雨のことを指すそうです。

 雨が降り出しても、途中で雪が混じって霙(みぞれ)となれば雨一番とはさ
 れないそうですので、なかなか認定は難しいようです。
 なお、雨一番の後はもう雪が降らないというわけでもありませんので、この
 点はご注意を。

  『季節の 366日』 (倉嶋厚著)

 によれば、雨一番の平均日は
  函館 3/2 , 札幌 3/15 , 釧路 3/18 , 旭川 3/21 , 網走 3/27
 とのことですので、彼岸の中日にあたる今日辺りまでには北海道でも多くの
 地域で雨一番を体験した後でしょうか。

 前述の本の出版は2003年のことなので、記載されている平均日が多少変わっ
 ているかも知れないと思い、インターネットで最近の値がないか探してみま
 したが見つかりませんでした。
 探し方が悪かったかな?
 (最近のデータの在処をご存じの方は教えてください)

 最近の資料は見つかりませんでしたが、倉嶋さんの本の数字を信用すれば、
 北海道では多くの場所で雨一番が降った頃ですね。

  暑さ寒さも彼岸まで

 という諺がありますが、この言葉と雨一番の時期を並べて考えると、北海道
 においては、寒さの終わりを告げるのが雨一番ということになりますか。

 北海道にお住いの読者の皆さん、冬の寒さの終わりを告げる「雨一番」、今
 年はもう降りましたか?

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2010/03/21 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック