こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■ポニーテールの日
 7/7 は「ポニーテールの日」だそうです。

 毎日日刊☆こよみのページを作っていると、様々な「記念日」に出会います
 が、このポニーテールの日もそうした様々な記念日の一つ。
 この「ポニーテールの日」とはどんな日かというと、

  『1995年(平成7年)に日本ポニーテール協会が制定。
   健康的でさわやかで、女性らしさをアピールできる髪型のポニーテール
   は浴衣に似合うなどの理由からこの日に。』

 ザッとこんなものでございます。
 まあ意味は分かりました(と書いておきながら、本当は「なんだこれ?」と
 思っているかわうそでした・・・)が、ではなぜ 7/7なんでしょう。

 その理由は説明の中にあった「浴衣に似合う」がそのヒント。実はこの 7/7
 は「ゆかたの日」でもあります。この日は言わずと知れた七夕の節供ですか
 ら、浴衣に団扇の姿で牽牛星と織女星を眺めてみようと言うわけでしょう。
 こうは書いても、無理矢理な感じは否めませんけれど。

◇日本ポニーテール協会
 さて気になってしまうのはこの「ポニーテールの日」を制定したというポニ
 ーテール協会という協会の存在。
 この協会って、どんな人達がどんなことをしているんでしょうね。
 協会員の髪型はやっぱりみんなポニーテールなんだろうか。

 こうした協会があれば、きっと協会のサイトくらいあるだろうと探してみま
 したが見つかりません(昔はあったらしい)。

 インターネット百科事典ウィキペディアの「ポニーテール」の項目にはこの
 協会について、若干ですが記述がありますので、引用してみます。

 『 日本ポニーテール協会 
  1995年に日本ポニーテール協会が、七夕伝説の織姫がポニーテールであっ
  たという理由で、7月7日を「ポニーテールの日」と定めている。
  協会はポニーテール人気の理由、歴史、文化的価値の考察と21世紀にポニ
  ーテールを流行させることを目的としている。

  毎年日本一ポニーテールが似合う有名人に「日本ポニーテール大賞」を贈
  っており、過去には江角マキコや宇多田ヒカル、倉木麻衣、涼宮ハルヒ、
  持田香織、宮里藍等が受賞。』
  (⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/ポニーテール より抜粋)

 「ポニーテール人気の理由、歴史、文化的価値の考察」を行った結果ははた
 して発表されたのか気になるところです。また、「21世紀にポニーテールを
 流行させることを目的」とありますが、21世紀に入ってまだ10年くらいでサ
 イトも消えてしまうようでは、ちょっと根気が足りない。
 毎年選ばれていたという「日本ポニーテール大賞」というのも、どうやら最
 近の選定は無いようです。

 こうしてみると、日本ポニーテール協会は「ポニーテールの日」だけを残し
 て消えてしまったのでしょうか(どなたかその行方をご存知でしたら教えて
 ください)。

 提唱した団体が消えて無くなろうと、作る人はいても廃止する人のいない様
 々な記念日がこうして残っていってしまう。ポニーテールの日もそうした根
 っこを失った記念日の一つとして、インターネット上に残り続けることにな
 りそうです(こよみのページも、そうした流れに手を貸していることになり
 ますね。あ、今日のこの記事もか)。

◇なぜ今日のこぼれ話が「ポニーテールの日」?
 今日は 7/3。それなのに 7/7のポニーテールの日の話とは少々早すぎないか
 と思われるかも知れません。

 これには深い意味が・・・ありません。
 ただ、 7/7という日には、記念日が一杯あるのでその日一日の記事では書き
 切れませんから、今のうちにというわけです。まあ本当は、「何か書くこと
 無いかな」とパラパラ資料をめくっていて目についただけなのですが。

 以上、本日は知っていても多分役に立たない暦のこぼれ話でした。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2010/07/03 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック