こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■木枯らし一号
 昨日は、午前中から風が強く、午後になると風はそのまま、気温はグンと下
 がりました。

  寒いナー

 と思っていたのですが、寒いはずです。近畿地方では木枯らし一号が吹いた
 とのことでした(私の住んでいるところも、かろうじて「近畿地方」です)。
 近畿での10月中の木枯らし一号は、 8年ぶりだとか。

◇木枯らし
 木枯らしは、晩秋から初冬にかけて吹く強い北よりの風のことです。
 その冷たい風で「木を吹き枯らす」ことから木枯らしと呼ばれるようになり
 ました。
 また、木枯らしには一文字でこれを表す「凩」という文字もあります。

 「木枯らし一号」とは、その年(そのシーズン?)最初に吹いた木枯らしを
 表す言葉で、気象庁はいくつか条件を設けてその条件をクリアした最初の風
 をこう呼んでいます。
 木枯らしと認められるための条件とは

  1.10月半ばから11月末日までに吹く風であること。
  2.西高東低の冬型の気圧配置の状況下で吹く風であること。
  3.強い季節風であること。

 などだそうです。
 昨日の風はそうした条件をクリアして目出度く「木枯らし一号」となったわ
 けです。

◇いよいよ冬到来
 木枯らしが吹くと、いよいよ季節は秋から冬へと移り変わるのを実感します。
 気温もいきなり下がって、今朝はもう誰はばかることなく「寒い」と言える
 温度となりました。

 人一倍(いや、三倍、四倍かな?)寒がりのかわうそにとっては、受難の季
 節の入口に立たされた気分です。
 今日は寒い一日になりそうです。
 皆さん風邪などひくことの無いように、防寒対策はお忘れ無く。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2010/10/27 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック