こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■一年で一番太陽に近い日
 2011/1/4 4時、地球は近日点(きんじつてん)を通過しました。
 近日点とは、太陽に一番近づく点。この時の地球と太陽(の各々の中心の)
 距離は、0.983341天文単位(≒1億4710万km)。
 平均距離よりなんと、1.7%も(!)近いのです。

 1.7%ポッチかという気もしますが、これをkmで表せば 250万kmになります。
 ね、結構な距離でしょう?
 250万km といえば、あのお月様までの距離のザッと 6.5倍。
 地球全体が太陽から受ける光のエネルギーは平均より3.4%も(・・・)大き
 い。地球全体から見たら一年で一番暑い日かも知れませんね。

 ただし、残念ながら北半球は冬の最中。
 日本じゃ、明後日は「寒の入り」。
 一年で一番寒い時期に入ります。
 折角太陽にいちばん近い日だというのに。

 まあ、そんな寒い日だからこそ、太陽に近づくお蔭で3.4%だけでも暖かく過
 ごせるのだと前向きに捉えましょうか。

 近日点を通過した地球は、これ以後徐々に太陽から離れて行きます。
 太陽から一番離れる(遠日点通過)のは 7/4。
 日本では暑い夏の頃のことです。
 なんだかとっても、皮肉な感じがしますね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2011/01/04 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック