こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■寒露の頃
 寒露は二十四節気の一つ、九月節ですので節切りの暦ではこの日から九月と
 なります。

 現在は、太陽の中心が黄道座標という天体の位置を表す座標(主に太陽系内
 の天体の位置を表すのに使われます)で、経度 195度となる瞬間を含む日を
 「寒露」の節入りの日としています。今年、2011年で云えばその日は明日、
 10/9です。

 江戸時代に出版された暦便覧という本では寒露(かんろ)を

  陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也

 と説明しています。
 このころになると秋もその深さを増して、朝夕は草の上に冷たい露を結ぶよ
 うになります。
 朝、散歩(たまにしかしませんけど)をしていると、確かに草の葉には露が
 結んでいます。

 夏草に結ぶ露ならば、露に濡れても暑さを凌ぐ一助ともなって心地よいもの
 ですが、寒露の頃の露に触れると、その冷たさに思わず身震いしてしまいま
 す。

◇金生水(きんしょうすい)
 五行説では秋は金気、つまり金属の性質を持った季節とされています。
 金属は、触れば堅くて冷たいものです。

 金属のこの「堅い」という性質から、秋は堅い木の実(栗やどんぐり、椎の
 実など)、穀物の実(稲や大豆)が実る季節なのだと古代の人々は考えまし
 た。

 また、ひんやり冷たい金属の表面には露がつきやすいことから、金属は水を
 生み出す性質があるとも考えられました。
 ですから五行の金気は相生説では、「金生水(金、水を生ず)」と説明され
 ることになりました。

 こう考えると、金気の季節、秋に二十四節気の内で「露」の着く白露や寒露
 という名が使われたのもよく分かります。
 秋は、実りをもたらすとともに、大気を冷やしてせっせと水を生み出す季節
 なのですね。

◇秋も終盤
 寒露は暦の上の秋の始まり、立秋から数えて60日目頃。一年を四季に分割す
 れば、一つの季節の長さはおよそ90日ほどですから、秋も終盤と云うことが
 出来そうです。

 このころになると菊の花が咲き始め、秋野のにも様々な花を見ることが出来
 ます。山の木々の葉はそろそろ紅葉の準備に入るころですし、足下の草露は
 冷たいですけれど、目には楽しい時期といえそうです。

 さて、寒露を過ぎ更に寒さが増して行けば、やがて冬がやってきます。
 冬は五行説では水気の季節。
 金気の秋が草の上に露を結ぶことを繰り返すと、やがて水気の冬が来る。
 古代の人々はこうして四季が交替して行くと考えたのでしょう。

 とっても単純な考えですけれど単純だからこそでしょうか、妙に納得できる
 ものがありますね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2011/10/08 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック