こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■83歳、まだまだ現役ミッキーマウス
 ミッキーマウスといえば、ディズニーアニメーションの代表的キャラクター。
 そのミッキーマウスの生年月日は1928/11/18とのことですから、本日はめで
 たく83歳の誕生日を迎えたことになります。

 「年金支給年齢を68歳まで引き上げては」という年金の試案が発表され、世
 論の大反発であっという間に撤回されたどたばたは記憶に新しいことですが、
 その68歳を遙かに超えた年齢になっても、スターひしめくディズニーアニメ
 ーションのキャラクターの中にあって、そのトップに君臨し続けるミッキー
 マウス、見習いたいものです。

◇初登場
 さてこのミッキーマウスの誕生日ですが、これは彼が始めてスクリーンに登
 場した日です。
 その映画のタイトルは「蒸気船ウィリー」。
 このディスニーアニメーション映画に登場したミッキーは、人気者となって
 映画もシリーズ化されて、スターの地位を確固たるものとしました。
 そして今に至っているわけです。

 ミッキー・マウスの名付け親はウォルト・ディズニーの奥さんだと言われて
 います。ウォルト・ディズニー自身はモーティマー・マウスという名前にす
 るつもりだったとか。もしウオルト・ディズニーの考えどおり、モーティマ
 ー・マウスという名前になっていたら・・・。果たして今のような人気者に
 なっていたかどうか。
 奥さんの意見を入れてよかったかな?

◇いたずらっ子から優等生(?)へ
 登場したてのミッキー・マウスの役所は、機転は利くけど子供っぽいし、短
 気だし、ちょっと意地悪だし・・・。
 現在の優等生的ミッキーマウスではありませんでした。
 体つきも今よりスリムで、顔立ちもちょっときつい。機敏ないたずらっ子に
 はピッタリの姿でした。

 見ている方(子供)にしてみれば愉快な設定だったのでしょうが、この子供
 を映画館に連れて行く親からすれば、少々眉をひそめてしまう性格。
 当然親たちからのクレームが相次いだため次第に温厚な、大人しいミッキー
 に変わっていったようです(喜ぶ子供より、お金を払う親向けサービス?)。
 実社会の荒波にもまれて、ミッキーも丸くなったということでしょうか?

 ちなみに、当初のミッキーの目には「白目」が無く黒目だけが描かれていま
 した。当時の絵をみるとちょっと、人相悪いです。
 現在のような大きな白目がついたのは誕生から11年経った1939年からだそう
 です。

 体型もだんだんと「ずんぐりむっくり」に変わっています。
 温厚な優等生的性格に合わせて、ミッキーマウスの風貌体型は幼体化し続け
 ているようです(中年太りってことではではないと思います)。

◇「ミッキー」と「マウス」の関係
 コンピューターの入力インターフェースとして普及した「マウス」がありま
 すが、このマウスの移動距離を示す単位を、

   ミッキー(mickey)

 と云います。名付け親はクリス・ペーターズ(Chris Peters)と言う人物。
 彼はマイクロソフトが作った初めてのマウスのドライバを書いた人物で、そ
 のプログラムの過程で、この単位を作ったとか(彼は後にマイクロソフト社
 の副社長にもなった)。
 マウスと言えば、ミッキー。
 そう思い浮かぶほど、ミッキー・マウスの名が定着していたことの証でしょ
 うかね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2011/11/18 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック