こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■自然界の冬休みは 5℃から
 このメールマガジンにも何度も(数限りなく?)書いておりますが、私はカ
 メを三匹、ベランダに放し飼い状態で飼っています。
 そのカメたちですが、近頃は寒さのため、ずっと水に潜っていてあまり姿を
 見せてくれません。

  眠いんですよ

 水の中で、カメたちはそんなことをつぶやきながら目を閉じているのでしょ
 うか。

◇蛇や蛙の冬眠の目安は 5℃
 蛇や蛙が冬眠する時期の目安は日の最低気温が 5℃になる頃なのだとか。
 蛇や蛙に近いカメも似たり寄ったりだと思います。
 一口に

  日の最低気温が 5℃

 といっても、日本全国が一律に同じ時期にこの条件に達するわけではありま
 せんが、東京を例にとると大体 11月中、下旬頃にこの条件に達します。
 (CD-ROM版 理科年表2000の「各地の日最低気温の月別累年平均値」より)

 我が家のベランダで暮らしているカメたちも、自然の摂理に従って「眠い」
 とつぶやいているわけです。

◇植物の冬眠の目安も 5℃
 気温が 5℃になると、冬眠状態に入るという話は、蛇や蛙やカメたちばかり
 ではなくて、植物についても云えるのだそうです。ただしこちらは

  日の平均気温が 5℃

 蛇や蛙たちの項では「日の最低気温が 5℃」でしたから、植物の冬眠時期は
 蛇たちよりももう少し遅い時期となりそうです。今回も東京を例にとってそ
 の時期はいつかと見てみると、大体年明け後の 1月中頃。
 暦では一年で一番寒い時期とされる寒中の頃となりそうです。
 (CD-ROM版 理科年表2000の「月別平均気温」より)

 植物たちは、蛇や蛙(そしてカメ)たちが眠ったあとも、まだしばらくは起
 きて、働いているようです。

 私の場合は、出来れば平均気温が15℃を切るくらいになったら冬眠してしま
 いたいなと考えているのですが、なぜか人間には冬眠という天の恵みは与え
 られていないようで、「寒い寒い」といいながらもお仕事に行かねばなりま
 せん。

 自分が冬眠できないなら、カメたちも冬眠させてやるもんか。
 そろそろカメの暮らす大きなタライを部屋の中に移して、カメたちにも冬眠
 なしで冬を過ごしてもらおうかな?

  「かわうそはなんて小さな人間なんだろう」

 最後に、自分の正体をばらしてしまった、本日の暦のこぼれ話でした。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2011/11/29 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック