こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■「秋分の日」の四方山話・2012
 「先祖をうやまい、なくなった人をしのぶ」

 国民の祝日に関する法律に記された祝日、秋分の日の内容です。
 政教分離の立場から彼岸会(ひがんえ)という仏教行事の名前は登場しませ
 んが、内容を見れば「秋の彼岸の中日」が祝日になったということは一目瞭
 然ですね。

◇元「秋季皇霊祭」
 秋分の日は終戦前は「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」という祭日で
 した。

 余談になりますが、現在でも「祝祭日」という言葉を使うことがあります。
 これは、「祝日と祭日」ということなのでしょうが現在の祝日法にはそうし
 た区別はなく全て祝日です。終戦前の法律では国としての祝いの日である祝
 日ともっぱら皇室の祭事にかかわる祭日があり、区別されていましたので今
 でもその当時の「祝祭日」という言葉が残ったのでしょう。
 ちなみに、秋分の日の前身である秋季皇霊祭は「祭日」でした。

 この秋季皇霊祭ですが、皇祖を祭る行事で元々は宮中でも行われた彼岸会を
 祭日としたものです。彼岸会は先祖を祭る仏教行事ですから内容は同じ。た
 だ国家神道を推し進める上では仏教行事であっては困るので、秋季皇霊祭な
 どというような名前を付けて仏教行事に神道行事の衣を着せたといったとこ
 ろのようです。

◇秋分の日は移動祝日
 秋分の日は春分の日と同じく太陽の位置と関係する祝日です。
 基本的には太陽黄経が 180°となる瞬間を含む日である「秋分日」という日
 が祝日となります。

 今年の秋分の日は本日、9/22です。
 もしかしたら、

  あれ? 秋分の日って9/23じゃなかったっけ?

 と思った方がいらっしゃるのでは。
 秋分の日は長らく、9/23ばかりだったのですが、今年は久しぶりに9/23日以
 外の日付となりました。

 これは既に説明した「太陽黄経が 180°となる瞬間」が今年は9/22の終わり
 頃(日本時の23時49分)に滑り込んだためです。あと11分少々後に太陽が秋
 分点を通過していたら、秋分の日は明日になっていたはずです。

 今年は久しぶりに9/23以外の日となりましたが、これからは時々9/22が秋分
 の日となる年が増えてきます。将来10年分の秋分の日(現段階では、2014年
 以降は予測ですが)を求めてみると、次のようになります。

  2013/9/23 , 2014/9/23 , 2015/9/23 , 2016/9/22 , 2017/9/23
  2018/9/23 , 2019/9/23 , 2020/9/22 , 2021/9/23 , 2022/9/23

 これを見ると、2016年, 2020年の 2年が9/22となります。
 ちなみに、今年以前で秋分の日が9/23以外であった年を探すと1979年まで遡
 らなければなりません。1979年の秋分の日は、9/24でした。

◇「秋分の日」は昼夜等分の日?
 秋分の日(あるいは春分の日)というと昼と夜の時間が同じ日といわれます。
 さて、現実は?

 日刊☆こよみのページの本日の各地の日出没のデータを見直していただける
 と、秋分の日である本日は、約20分ばかり昼の方が長いことが分かります。

 これは、現在の日出および日没が見かけの太陽の上辺が地平線と接する瞬間
 であることから、太陽の見かけの半径の分と地球の大気による浮き上がり現
 象などによって、真の太陽の中心が地平線に接する時刻より日出は早まり、
 日没は遅れるため、このようになります。

 実際に昼と夜の時間が一致する日付は、今から大体5〜6日後となります(緯
 度によってわずかに異なります)。

 以上、本日の暦のこぼれ話は秋分の日に関する四方山話でした。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2012/09/22 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック