こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■蟄虫戸を閉ざす
 今日は七十二候の一つ、「蟄虫戸を閉ざす」です。
 蟄虫戸を閉ざすといえば、七十二候にはこれと対となる言葉があります。

  蟄虫戸を啓く

 こう書いてもピンと来ないかも知れませんが、「啓蟄」と書けばいかがでし
 ょう? そう、二十四節気の啓蟄です。
 「蟄虫戸を啓く」は二十四節気の啓蟄の初候にあたり、今年は 3/5がその日
 でした。

 今日は9/28。虫たちが 3/5に起き出して戸を開け、今日戸を閉ざして眠りに
 つくとすると、虫たちの活動期間は 208日。残りの 157日は、土の中でお休
 み。 5ヶ月以上の冬休み。うらやましい・・・。

 もっとも、七十二候の「蟄虫戸を啓く」という言葉も「蟄虫戸を閉ざす」と
 いう言葉も、生まれたのは中国の内陸部。日本よりも大分平均気温の低い場
 所ですから、 5ヶ月以上もの長い休みをとるのは、きっとその中国内陸部の
 寒い場所で暮らす虫たちでしょう。

 二十四節気や七十二候が生まれた中国内陸部に位置する太原市の気温と、東
 京付近の気温を比較してみると

   3/05頃 太原市: 1〜 2℃  東京: 7〜  8℃
   9/28頃 太原市:13〜14℃  東京:21〜 22℃

 6〜8℃あまりも気温がちがいます。
 もし太原市の9/28頃の気温と同じくらいの気温の時期を考えると、東京では
 11月も中頃。この頃ならば間もなく木枯らしが吹くような時期。働き者の日
 本の虫だって、冬休みに入りたい頃にちがいありません。

 そんな寒い季節まではまだ一月半あまり。
 それまでは日本の虫たちは、もう少し働き続けてもらうことになりそう。
 働き者の日本の虫たちが「蟄虫戸を閉ざす」のは、まだ先のことのようです
 ね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2013/09/28 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック