こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■十日夜(とおかんや)
 今日は旧暦の十月十日。
 十日夜と呼ばれる日で、「十日夜」という行事の行われる日でもあります。

 十日夜はどちらかというと東日本で多く行われていた行事です。
 藁鉄砲で地面を打ってもぐらの害を払うとか、大根の背が伸びて肥え太るの
 を祈るとか、どちらかというと作物の豊穣を祈る民間行事という性格が強い
 行事です。

 十日夜の日には、田の作神が一年の里での勤めを終えて山に帰る日だと考え
 られていました(稲の刈り取りはこの日までには済ませてしまわねばならな
 いと考えられていました)。田の神が山に帰るその道筋にいると、蹴散らさ
 れ、災いがあると考えられたので、この日には田んぼや山に足を踏み入れる
 のを忌む風習が各地にありました。

 また一方では、この日は「大根の年とり」ともいい、大根の豊作を願って、
 大根畑にぼた餅を埋めるなどという行事も有ったようです(「ふるさと東京
 民俗歳時記」の田無市(現西東京市)の風俗)。

◇三の月
 こうした行事の他にこの日の月を「十日夜の月」と呼び、中秋の名月の十五
 夜の月、後の月の十三夜の月に並ぶ三の月として、お月見の対象とされるこ
 ともあったそうです。ただ、月見には夜が寒すぎる時期ですから、月を見る
 なら防寒対策だけはしっかりする必要がありそうです。

◇東の十日夜と、西の亥の子
 東日本に多く見られる十日夜の行事に似た行事が、他にもあります。
 西日本に多く残った「亥の子」の行事がそれです。

 亥の子の行事は、元は中国から渡来した風習で、十月亥の日に餅を食べれば
 年中の病を避けることが出来るとあって、人々はこの日に餅を食べました。
 二つの行事は時期的に近く、子孫繁栄や豊作祈願などその内容がよく似た行
 事であったため、混じり合ってしまうこともあります。

 二つの行事を何かで区別するとすれば、亥の子の行事が宮中発ということで、
 どちらかというと亥の子の行事は西日本に分布し、これに対してより土着的
 (?)な十日夜の行事は東日本で多く行われていたようです。
 亥の子は西、十日夜は東といった具合です。
 ではこの二つが出会うところは?

 前出の「ふるさと東京 民俗歳時記」によれば、東京では二つの行事が混同
 されていると云った記述がありますが、東と西の行事が出会ったのは関東あ
 たりだったと云うことなのでしょうか。

 さて、中秋の名月、後の月に続く三の月が見えるはずの今夜、日本は広く、
 この冬一番の寒波に覆われるとのこと。
 月は見たいが寒さは辛い。風邪などひかないように注意して、暖かい状態で
 お月様を眺め、来年の作物の豊作を祈ることにいたしましょう。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2013/11/12 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック