こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■風花の旅
 「寒いよ〜、さすがは大寒!」

 なんて言いながら外に出ると、寒さに震える頬に、更に追い打ちをかけるよ
 うに冷たい感触。
 手で触れると指先がかすかに湿りました。

 見上げてみても空は青く晴れています。
 雨ではなさそうです。
 かといって雪が降っているわけでもない。
 きょとんとして、しばらく見ていると、時々日の光の中にキラキラ光るもの
 が見えました。
 風花でした。

 周囲の建物がじゃまで見えませんが、どうやら風上の西の空には雪雲あるよ
 うです。

◇風花の旅の時間
 空から降る雪の降下する速度は毎秒1mほどだそうです。
 風花は、雪の結晶がバラバラになって落ちてくるものだそうで、こうなった
 ときには、その降下の速度は雪の速度の1/2〜1/3くらいになるそうです。
 ということは、毎秒0.5m〜0.3mほどということですね。

 雪を降らせる雲の高さは地上 2kmくらいはあるはずですから、この高さを風
 花の速度で降下してくるとすると、1〜2時間かかることになります。
 風花が舞うような時には上空では結構な風が吹いているはずです。その風速
 をざっと毎秒 10mと考えると、風は 1時間で30km〜40kmを移動することにな
 ります。

 風花もこの風にのって運ばれるわけですから、雲を離れて地上に到着するま
 でに、30km〜80kmほども移動することになります。
 ちょっとした旅行ですね。

 雲を出発し、私の頬で終わる小旅行の間、この風花はどんな風景を眺めてい
 たのでしょうか?
 道を歩いて、西の空を隠している建物をかわしたら、風花の生まれ故郷の雪
 雲が見えるかな。

 わずかな時間でしたが、風花の小旅行の様子を想像し、自分も冬の街の上空
 を旅した気分になったかわうそでした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/01/22 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック