こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■二つの西行忌
 今日2/16は桜と旅の歌人として知られる僧、西行の忌日。西行忌です。
 西行が亡くなった日付は文治六年二月十六日であったことから、西行忌とさ
 れています。

 ところで、昨日2/15も「西行忌」となっていたような?
 これは何かの間違いでしょうか。

 【忌日】(きにち)
  1.その人の死亡した日と日付の同じ日で、毎年または毎月回向(えこう)
   などする日。命日。きじつ。
  2.人の死後七日七日(なぬかなぬか)に当たる日。
   《広辞苑・第六版》

 忌日を辞書で意味を調べると、このような意味になります。
 この意味からすると、西行の亡くなった文治六年二月十六日と同じ日付であ
 る2/16、つまり今日が西行の忌日ということになります。
 では、昨日の2/15の西行忌は間違いか。

 毎日毎日、山のような(←一応、誇張しています)隅掘り隊報告によって、
 誤字脱字の指摘のあるかわうその書くものですから、間違っているのかも。
 そう思われても仕方がないですが、2/15の西行忌の件に関しては、慌て者の
 かわうその間違いというわけではありません。

◇2/15は西行の願った日
 西行の有名な歌

  願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃

 によれば、西行は「出来ることなら、きさらぎ(如月・二月)の望月の頃
 (十五夜の頃・太陰暦の15日頃)に桜の下で死んでゆきたい」と願ったこと
 がわかります。
 実際の命日が2/16ですから、西行の願いはほぼ適ったといえます。惜しむら
 くは15日ではなく 1日違いの16日であったこと。

 わずか 1日の違いであれば、西行を偲ぶ日である西行忌は西行の願いのとお
 り2/15としてもよいではないか。こうした考えから、実際の命日とは異なる
 もう一つの西行忌ができました。

◇2/15を西行が願ったわけ
 桜をこよなく愛した西行が、「願はくは花の下にて春死なむ・・・」と歌っ
 たことから、2/15という日付は愛する桜の花とそれを照らす月明かりのある
 日をあらわしたものとだけとらえられがちですが、2/15という日をその人生
 最後の日として願ったのはそれだけの理由ではありません。
 忘れてはいけないのは西行が仏僧であったということです。

 2/15の記念日には西行忌と並んで、涅槃会という文字が見えます。
 涅槃会とは釈迦が入滅したと考えられる日付をあらわしています。
 仏僧として生きた西行が死の日付を選べるとしたら、釈迦入滅の日を選びた
 いというのはしごく当然と云えるでしょうね。

 大好きな桜の花の咲く季節で、その桜の花を照らす月明かりがある頃と云う
 ことであれば十五夜の日であっても、翌日の十六夜の日であってもよいでし
 ょうけれど、さらに涅槃会という日を考えると、2/15を西行忌として西行を
 偲ぶ日にしてよいのではないかと考えた人の考えも理解できます。

◇西行忌はいつ?
 西行の命日は2/16。忌日が命日というのであれば2/16と云うことが正解とい
 うことになるでしょうが、では2/15は間違いだと云えるでしょうか?
 忌日が亡き人を思い出し、偲ぶための日であるなら、命日だけが正しいとは
 云えないでしょう。 西行が願った西行らしい日を忌日と考えるのもまた正
 解だと思います。
 桜の咲く頃の満月の日はいつも西行の忌日なのかもしれません。

 忌日が複数出来てしまったということは、それだけ多くの人がそれぞれに西
 行を偲んだことの現れだとも考えられます。
 どれが正解ではなく、それぞれがそれぞれの日に西行のこと、桜のこと、月
 のこと、釈迦のことを考える日とする。忌日や記念日なんてそんなものなの
 かもしれませんね。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/02/16 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック