こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■残念な皆既月食(2014.4.15)
 今日は満月、そして今日は皆既月食の日です。
 月がどれくらい地球の陰に入るのか、その度合いを示す食分(しょくぶん)
 と云う数値があって、これが 1.000を超えると皆既月食となります。

 今回の食分は、食が最大になる16時46分には 1.295となりますので、立派な
 皆既月食です。
 わくわくですね。
 今回の月食の経過を時系列で書けば次の通り

  13時52分 半影食の始まり
  14時58分 本影食の始まり(部分月食の始まり)

  16時06分 皆既月食の始まり
  16時46分 食の最大(食分 1.295)
  17時20分 皆既月食の終わり

  18時33分 本影食の終わり(部分月食の終わり)
  19時39分 半影食の終わり
  ※時刻は全て日本標準時による

 月食は日食と違って、食が起こっている間に月が見える位置にあれば世界中
 同時にその現象を見ることが出来ますので、上記の通り、一組の現象の時刻
 を書けば済みますので助かります。

 さあ、夕方になって月が地平線から月が顔を出せば後は欠けるのを待つばか
 り・・・おや?

◇残念なことに
 「月食は日食と違って、食が起こっている間に月が見える位置にあれば世界
  中同時にその現象を見ることが出来ます」

 と書いたとおりで嘘は無いのですが、今回の月食は日本にとってはとっても
 残念な月食となりました。だって、「月が見えない」のですから。

 満月の時期は月が出るのは日没の頃のはず。
 そして月食の起こる時刻は?
 ほとんどが月の出る前に終わってしまっています。

  札幌 18時18分, 仙台 18時13分, 東京 18時15分
  大阪 18時31分, 岡山 18時38分, 福岡 18時52分
  那覇 18時55分

 月食の場合、半影食にはほとんど気がつかないので、部分月食の終わる時刻
 を月食の終わりと考えると、岡山以西では月の出は月食の終わった後。大阪
 以東の地域でも、ほとんど終わり間際の月食がちょこっと見えるくらいです。

 現在私の住んでいるところは東京ですので、かろうじて部分月食の終わり頃
 の月を見ることが出来ることになりますが、東京での日没時刻は18時14分な
 ので、月が出ても空はまだまだ明るい状態ですので、欠けているのがわかる
 かどうか。
 やはり、残念な月食となりそうです。

 ちなみに今年はもう一度月食があります。
 日付は10月 8日。
 こちらの方は、日本中で見ることの出来る皆既月食となります。
 今回は残念な皆既月食でしたが、10月 8日を楽しみにして待つことにしまし
 ょう。

 以上、残念な本日の皆既月食をお知らせした、日刊☆こよみのページでした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/04/15 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック