こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■梅雨入りの花
 「何だろう、この青臭い匂いは」

 通勤経路に、公園と呼んでよいものかどうか悩む緑地があります。
 雑木が沢山生えているのですが、あまり手入れがされている雰囲気が無いと
 ころです。

 ここの側を通ると近頃は、この「青臭い匂い」がかなり強烈にします。
 どこかで嗅いでいる、なじみのある匂いの正体を探って、週末に場所の雑木
 の間を歩いてみました。

 雑木を見上げると濃い緑の葉の間から小さな花が沢山集まった長さ15〜20セ
 ンチメートルほどの黄白色の房というか、犬の尻尾のような花が咲いていま
 した。
 青臭い匂いの元は、この尾っぽのような花、栗の花の匂いでした。
 正直、「香り」とは言い難いのであえて、「匂い」と書かせて頂きます。
 ああ、梅雨が近いのですね。

 おそらくこの雑木の間に生えている栗は、シバグリ(芝栗)でしょう。八月
 の終わりになれば、あの針に包まれた栗の果が枝の先に姿を見せることでし
 ょう。

◇栗の花と梅雨
 栗の花は梅雨入りの少し前に咲く花です。
 この花が咲き、やがて花が終わって落ちるようになると、梅雨の季節となる
 ということから、栗の花は「墜栗花」(ついりばな、あるいは、ついり)と
 呼ばれ、梅雨を知らせる花とされます。
 「墜栗花」の「ついり」という言葉は、梅雨入りの意味です。

 ここ東京でも、少し前から栗の花は盛んにその青臭い匂いを辺りにまき散ら
 していましたから、もうそろそろ花も盛りを過ぎる頃のようです。
 花の盛りを過ぎれば、栗の花も墜ち、東京も梅雨の季節を迎えることになる
 のでしょう。さて、東京の梅雨入りまでは後どれくらいか?
 そんなに先のことでは無さそうです。

 皆さんの周りにはこの、青臭い匂いをまき散らす栗の花がありますか?
 皆さんのお住まいの場所でも、栗の花が梅雨の前のひととき、盛大に咲いて
 いるのではないでしょうか?

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/06/02 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック