こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■明日(10/8)は月食です
 昨日は九月十三夜の月でした。皆さん、お月見は出来ましたか?
 そして明日の夜は満月、そして月食です。
 中一日で、お月様を見上げる日が続きます。

◇とっても見やすい今回の皆既月食
 明日の月食は、ほぼ日本全国で部分月食の始めから終わりまで全てを見るこ
 とが出来ます。

 「ほぼ日本全国」としたのは、月の出の遅い沖縄の八重山諸島付近では、月
 が昇る前に部分月食が始まっているからです。この地方の方は残念・・・と
 言うほどでもないでしょうか。最初の部分が見えないとはいっても、ほんの
 ちょっとだけですから。

 月食は、月が見えている場所でなら同時に現象が進行します(この辺は、場
 所場所で見える時間が異なる日食と違うところ。月食は計算が楽?)。
 どんな具合かというと、

  18時15分 部分月食の始まり
  19時25分 皆既月食の始まり
  19時55分 最大食分(食分 1.17)
  20時25分 皆既月食の終わり
  21時35分 部分月食の終わり

 という具合に進行してゆきます。
 ちなみに、月の出は東京では17時07分、日没はその少し後の17時16分ですか
 ら、多くの地域では日が沈んでしばらくすると東の空から昇り始めたばかり
 の満月の下の方からかけ始める様子が見えるはず。

 最大食分というところに、1.17という数字がありますが、この数字が1.00を
 超えると皆既月食、それ未満なら部分月食なります。今回は1.17ですから皆
 既月食となります。

 ただ、皆既月食としては比較的浅い月食(地球の影の縁に近い月食)ですの
 で、皆既月食となっても月が見えなくなることはなく、地球の大気で屈折し
 た太陽の赤い光で赤褐色の月が見え続けているかも知れません。さて、どの
 くらい暗くなりますか?(この辺は地球の大気にどれくらいの塵があるかで
 大分変わります。地球全体の大気の状況に影響を与えるほどの大きな火山噴
 火などがあった後の月食だと、とっても暗くなることもあります)。

 今回の月食は夕方から始まって、21時35分というあまり遅くない時間に終わ
 りますから、お子さんと一緒に眺めるにもよい時間帯ではないでしょうか。
 ご家族そろっての月食観望なんて、いいじゃありませんか。

◇月食シミュレーションもよろしく
 どんな具合に月食が進むのかなと思う方は、Web こよみのページに

  月食シミュレーション
  http://koyomi8.com/sub/meclips.htm

 というページで、その様子を確認することが出来ます。
 ページを開き西暦が2014年となっているのを確認したら、右上に「候補2」
 というボタンがあります。そこに「10/8 19H」と今回の月食の日付が入って
 いるはずですので、この「候補2」ボタンをポチッと押してみて下さい。

 月に対して地球の影がどんな風に動いてゆくかを確認することが出来ます。
 右上のページ(背面が黄白色のページ)にはスクロールバーがついているは
 ずで、これを操作して、ページの下の方を見えるようにすると、観測地点を
 選択することの出来る部分が見えてきますので、そこでお住まいの場所等に
 近い場所を選ぶと、より具体的(?)なシミュレーションをご覧いただけま
 すのでお試しください。

 と、最後はWeb こよみのページの宣伝でした。

 涼しくなり、かといって寒すぎると言うこともない月を眺めるにはよい時期
 です。そういう意味でも条件のよい明日の月食、見えるといいですね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/10/07 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック