こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■グレゴリオ暦の年初
 『西洋の暦(グレゴリウス暦?)の開始日の○月○日はいつで、その根拠
  ・理由は何だったのでしょううか。
  また、どのような理由にせよ、今日が11月8日なのは、その日を開始日と
  して1年365日、閏年による補正のルールだけで、そうなるのでしょうか。
  来年の1月1日を決める理由は今年の12月31の次の日という理由以外にな
  いのでしょうか。
 「春分の日が○月○日になるようにしてある」とかあるのでしょうか。』

※以上、文面はいただいたメールのまま

 本日の暦のこぼれ話は、読者からいただいた、この質問に答えることにいた
 しましょう。

 問題を整理すると、こんな風になると思います
  1 年初の位置は、どのように決まっているか
  2 他の日付は、年初から何日目という規則だけで決められるのか
 というものになると思います。
 では、順に・・・と思いましたが、説明しやすい2 、1 の順で答えます。
 (へそ曲がりじゃないです)

◇2 他の日付は、年初から何日目という規則だけで決められているのか
 この答えは、至って簡単。
 「そのとおりです」
 グレゴリオ暦の暦として優れている点を挙げろと言われたら、私なら

  「単純なことです」

 と答えます。
 月ごとの日付にはばらつきがあり、大小の月の並びも不規則ですが、それで
 も1年12ヶ月それぞれの月の日数は固定されていて、閏年に日数調整で変化
 する2月以外は、どの年を見ても同じです。
 例外の2月にした所で、ほぼ4年に一度、28日が29日になるだけの話です。

 単純な暦というと、有り難みが内容に感じるかも知れませんが、暦は過去の
 出来事を記録し、未来の計画を立てるといった、時の流れに分かりやすく印
 をつけるというのが、最大の役割ですから、誰にでも分かるこの単純さは大
 きな長所です。

 この暦との比較で引き合いに出される旧暦について考えてみましょう。
 旧暦では、ある月が大の月なのか小の月なのか決まっていません。例えば、
 11月は大の月になることも小の月になることもあります。
 また、来年の11月が大の月なのか、小の月なのかは、きちんと月や太陽の位
 置を計算した後で無いと決められないので、普通の人には分かりません。
 来年の暦の頒布が始まってみないことには、来年1年が何日なのかも分から
 ないのです。

 これでは、先々の予定を組むのは難しい。来年が12ヶ月なのか、閏月が入っ
 て13ヶ月になるのかも、分からないのです(ちなみに、今年は閏九月があっ
 て、1年は13ヶ月あります)。

 では、グレゴリオ暦の日付にはそれ以外の意味は無いのかといわれると、そ
 うでもありません。例えば、秋分の日は9/23辺りですし、冬至は 12/22辺り
 にいつもやって来ます。秋分や冬至と言った太陽の動きと関係する日付は、
 太陽の巡る日数を一年の日数の基準として組み立てられたグレゴリオ暦での
 日付は変化しないためです。

 これは、その日に意味を与えたというわけでは無いのですが、その原理から
 必然的に意味が与えられてしまったといったとところです。ただし、使う側
 からすれば、ニワトリが先でも卵が先でも、どちらでもよいわけですから、
 後付け的に意味が出来てしまっても問題は無いはずです。

◇1 年初の位置は、どのように決まっているか
 上の説明で、秋分の日と冬至の日を例にしました。
 普通であれば、秋分の日ではなく、春分の日を使いそうなものなのですが、
 なぜ「秋分の日」をつかったのかな?
 そんな疑問を持った人はいませんか? いたとしたら、あなたは鋭い。
 なぜ春分の日を出さなかったかというと1 の説明で使いたかったからです。

 グレゴリオ暦の年初、 1/1は何か特別な日かというと、何も特別なものがあ
 りません。代わりに、特別な日が一つあります。それが春分の日です。
 グレゴリオ暦にとって重要なのは、春分の日で、その日付は

  春分の日は3/21

 と決まっているのです。
 もし 1/1に何かの意味があるのだとすると、それは、春分の日の79日(平年
 の場合)か80日(閏年の場合)前の日という意味だけです。

 グレゴリオ暦は、誰が改暦を指示したのかを考えれば、何が大切だったかが
 およそ、理解できます。グレゴリオ暦改暦を行った、グレゴリオ十三世(グ
 レゴリウス十三世)とは・・・ローマ教皇ですよね。つまり、この改暦は、
 キリスト教という宗教上の理由から改暦されたものなのです。

 キリスト教にとって、なぜ春分の日が大切かというと、キリストの復活を祝
 う、キリスト教にとっての最大の祝祭の日、復活祭(イースター)の日付を
 決定する起点となるのが春分の日だからです。

 西暦 325年に行われたニケア公会議というキリスト教の重要な宗教会議にお
 いて、復活祭の計算は「春分の日を3/21とし・・・」から始まることになっ
 ていることから、春分の日は3/21でないといけないのです。

 グレゴリオ暦の改暦が行われた1582年の段階で、閏日の挿入の問題から、実
 際の春分の日は暦の日付では3/11になってしまうと云う、不都合があり、こ
 れを修正しないといけなかったわけですが、このときには実際の太陽の位置
 にあわせて、春分の日を3/11に移動させるより、宗教的な決定事項であった
 春分の日は3/21であるという約束事にあわせて、暦の日付を変えたのです。
 日常の生活の連続性より、宗教的な正当性(?)をとったということです。

 このようなわけで、年初である 1/1にはたいした意味がありませんが、春分
 の日が3/21と決められていて、1月と2月の日付も決まっていることから、
 必然的に 1/1は今の位置に固定されざるを得なかったというわけです。
 なんだか、影が薄い年初の話でした。

◇グレゴリオ暦の前は?
 さて、年初の話をするとグレゴリオ暦の前のユリウス暦の年初の話もしなけ
 ればならないのですが、長くなりすぎましたし、ここから先はまたの機会と
 いうことにいたしましょう(いつのことやら?)。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/11/09 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック