こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■「今夜は満月」の憂鬱
 朝から、「え? 今日は満月??」と驚かせてしまうといけないのであらか
 じめ申し上げますが、本日は満月ではありません。全然違います。実際のお
 月様はというと、明け方の東の空に姿を見せる有明の月の頃です。
 驚いた方の思い違いではありませんので、ご安心を。
 ひとまず誤解を解いたところで、本題です。

◇「満月」と「満月の日」
 日刊☆こよみのページの読者の皆さんにとってはもう既に「常識」だと思わ
 れますが、現在の「満月」と呼ばれる状態は、太陽と月のなす角が 180°と
 なる瞬間です。

 正しくは、この 180°は太陽や月などの太陽系内の天体の位置を表すのによ
 く使われる黄道座標と呼ばれる座標における経度の角度の差が、 180°にな
 るという意味で、緯度方向の角度の差もあるので、本当に 180°となるとき
 ばかりではありませんが、その点はご承知おき下さい(いつも本当に 180°
 となるなら、満月のときはいつでも月食が起こっているはずです)。

 天文学的には、地球中心からみた太陽と月の黄経差が 180°となる瞬間を満
 月と呼びます。そして、この満月の瞬間を含む日を、「満月の日」と呼んで
 います。一般に、新聞などに「満月の日」とあれば、それは

  天文学的な満月の瞬間を含んだ日

 だと考えてよいでしょう。満月の瞬間を含む日を満月の日と呼ぶということ
 は、広く行き渡っているようで、この点についてもは疑問に思われることは
 ありません。

◇「満月」と「満月の夜」
 満月と満月の日の関係は解りやすいのですが、「満月と満月の夜」の関係と
 なるとちょっと悩みます。実例で考えてみましょう。次の日時に満月の瞬間
 を迎えるばあいの「今夜」とはいつか。

  (ア)10/08 19:50 (満月の日は、10/08)
  (イ) 8/11  3:10 (満月の日は、 8/11)
  (ウ) 9/09 10:38 (満月の日は、 9/09)

 (ア)の場合は簡単。満月の日である10/08 に「今夜は満月」と言っても、
 どこからも文句は出ないでしょう。問題は(イ)(ウ)。

 (イ)は満月の日である8/11に「今夜は満月」といったとすると、「満月は
 昨日の晩じゃないの?」と言われるかもしれません。日付は変わっています
 が、夜が日没から次の日の出までと考えるなら、「満月の夜」は8/10の夜を
 指すと考える方が自然です。おそらく、私達が日常に使う「今夜」という言
 葉には、今日の午前 0時から日の出までの間の、いわゆる「未明」の期間は
 含まれないと考えられます。

 この状態で「今夜は満月」と表現するのなら、その日は多分満月の日の前日
 である8/10が適するのでは(8/10の日没から次の日の出の間に満月の瞬間が
 あるという意味で)。

 (ウ)はどうかというと、これは更に困ります。満月の瞬間は昼ですし、こ
 の状態では満月の瞬間には、月は地平線の下にあって、空が暗くなったとし
 ても月を見ることは出来ません。月が見えなければいけないと限定してしま
 ったら、この満月は日本においてはないことになってしまいますが、そんな
 ことはなくて、「満月の日」は 9/9となりますが、「満月の夜」はどう考え
 たらよいでしょうか。

 午前中だから、前日から続く夜に近い・・・とは云いにくいですから、強い
 て「今夜は満月」というのなら、この 9/9の日が暮れた後の夜を指すことに
 なるのでは? 「?」が付くように、この辺になると人により判断の分かれ
 るところで、9/8からの夜か9/9の夜かは、にわかには判じがたいです。

◇「満月の日」と「満月の夜」
 厳密に満月の瞬間を含んだ夜だけを「満月の夜」と云うのだとすると(ウ)
 の例のように、そもそも満月の瞬間が夜でないこともあるので、上手く表現
 できません。では、「満月の日」の夜(その日の日没から翌日の日の出の期
 間)を「満月の夜」といえば(イ)のように実際の夜の期間と1日ずれてし
 まう場合があって、難しいです。

 いろいろ、悩ましいことがあるのですが、だからといって、この辺を決めて
 おかないと「日刊☆こよみのページ」や「お月様のお知らせメール」、ある
 いはWeb 「こよみのページ」の上での表現にブレが生じてしまってよろしく
 ないので、多少の違和感を残しながらも、私の場合は

  満月の瞬間を含む日を「満月の日」とし、
  満月の日の日没から翌日の日の出までの夜を「満月の夜」とする

 としています。
 (ウ)はともかく、(イ)のように未明に見える月は、前日の夜をして満月
 の夜とした方がよいのではとも思うのですが、そうすると

  「新聞の満月の日と1日ずれてます!」

 と必ず、クレームが付くので、ここは割り切って長いものに巻かれることに
 しています。
 こんな風に、いろいろ考えた上で「割り切って」書くことにはしているので
 すが、それでも「今夜は満月」と書く度に、少しだけ憂鬱な気分に陥る、か
 わうそでした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/11/19 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック