こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■今日は「老人の日」
 今日は「老人の日」、2002年までは、敬老の日でもありました。
 しかし今は・・・敬老の日は 9月の第 3月曜日に移動してしまって、今年の
 敬老の日は9/21となり、老人の日と離れてしまいました(その御蔭でシルバ
 ーウィークなんて呼ばれる大型連休に今年はなったのですが)。

 老人の日には、その前身となった「としよりの日」というのが有りました。
 「としよりの日」が「老人の日」となりさらに「敬老の日」と発展したわけ
 です。「敬老の日」まで発展して祝日になったまではよかったのですが、

  悪名高い(?)、ハッピーマンデー法

 によって、2003年からは敬老の日は9/15という指定席を失い、「 9月の第 3
 月曜日」という毎年日付の変わる流浪の祝日となってしまいました。
 こんな風になってしまったのは、元々敬老の日には、この日でなければいけ
 ないという確たる理由が無かったからターゲットにされてしまったのかもし
 れませんね。

◇意味合いの希薄な敬老の日の日付
 全国老人クラブ連合会によれば9/15という日には、

  元正天皇が養老の滝に行幸された日付を太陽暦に直すとAD 717年9/15に
  なる。

 という理由をあげています。
 この件に関しては、敬老の日の元になった「としよりの日」の生みの親であ
 る野間谷村(当時)村長が、この日とした理由として

  農閑期でありかつ天候の良い時期を選んだ結果

 と言っているので、後からとってつけた理由のようです。
 本当の理由は、「農閑期だから・・・」で、特に理由らしい理由は無いとい
 えそうです。はじめから日付の意味という点では影が薄かったんですね。
 日付の意味がはっきりしないから、ハッピーマンデーのターゲットにされて
 しまったのかな?

◇影が薄くても、それなりの意味はある!
 「敬老の日」の日付そのものには意味が無いとしても、これが祝日となる前
 の「としよりの日」まで遡ると敬老の日の歴史は70年近くにもなり、それな
 りに定着した祝日でした。それを単に連休を一つ増やしたいからといって安
 易に日付をいじってしまうのはいかがなものか?

 祝日「敬老の日」から離れてしまった「老人の日」に、ぼやいてしまうかわ
 うそ@暦です。これって、「老人のぼやき」なのかな?

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2015/09/15 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック