こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■「求婚の日」雑感
 本日は、1/27。
 「求婚の日」です。

 【求婚】(きゅう こん)
 結婚を申し込むこと。プロポーズ。
  《広辞苑・第六版》

 「求婚」という言葉自体、ちょっと古めかしい感じですし、そうそう使う言
 葉でもないので、いきなり「きゅうこんの日」と言われたら

  球根の日?

 と思ってしまうかもしれません。
 今はまだ冬ですが、春はもうすぐそこまできていますから、今から春植えの
 球根を用意して・・・なんて想像をしてしまいそうですが、そうではありま
 せん、「きゅうこん」は「求婚」の方でした。

◇時代変われば(過去〜現在編)
 「求婚の日」という記念日は如何にしてできたのだろうかと、想像するとよ
 くある日付の語呂合わせか? でも、1/27の日付をどう料理しても

  キュウコン

 とは読めそうにありません。では、有名な方が熱烈なプロポーズした(ある
 いはされた)日か?
 しかし、今日の記念日の「求婚の日」の謂われを読むと、そんな夢からあっ
 さりとさめてしまいます。熱烈ではなくて、事務的というか・・・。

  『先頃女房を離縁して不自由勝ゆえ、貧富を論ぜず、十七歳以上二十五
   歳にて嫁にならうと思ふ者は照会あれ。』

 簡潔にして明瞭。「家政婦さん求む」ならこの文章でもよいかもしれません
 けれど(それにしたって、ぶっきらぼうな感じは受けますけれど)。
 今の時代の常識で、昔を語ってはいけないとは思いますが、この広告が新聞
 に掲載された1883(明治16)年当時では、それ程おかしなものではなかったの
 でしょうか。気になります(今なら、大分叩かれそうな内容です)。

 今の常識では、求婚といえば、一人対一人で行うもの。あるいはせいぜい、
 家対家という関係でなされるのもだと考えますが、「求婚の日」の元となっ
 た新聞広告のような、不特定多数を相手にした募集も「求婚」にあたるので
 しょうか・・・
 (「常識」と書きましたが、基準としたのが私の考えなので、多分に非常識
 かもしれません。その点はご容赦ください)。

◇時代変われば(現在〜未来編)
 現代の常識(基準:かわうそ)で過去の広告記事を考え、その違和感を訴え
 たところで、ふと思いました。近頃の求婚もこの明治時代の広告のように、
 不特定多数を相手にするようになってきてるなと。

  ・年収 ○○○万円以上、身長 △△cm以上、etc

 インターネット上に山ほどある婚活サイトなどでは、あの広告の内容を幾分
 かはマイルドな表現にしてはいますけれど、似たり寄ったりの状況になって
 いるかも。
 もしかしたら、もう少ししたら

  え、一対一で求婚? そんな野蛮な時代があったんだな

 なんていう未来がきちゃうかもしれませんね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2016/01/27 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック