こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■七十二候 (しちじゅうにこう)
 暦の話として、たびたび登場する二十四節気(にじゅうしせっき)はいろい
 ろなところで採り上げら、説明されている(中には、間違った説明もあって
 閉口することもありますけれど)ので、控え目な? このメールマガジンで
 は、有名どころの二十四節気の説明はさけて、その陰にかくれて、それ程採
 り上げられることのない、七十二候の話をすることにします。

◇七十二候とは
 二十四節気は暦の上の日付と季節を結びつけることがその重要な役割ですが
 一年を二十四分割するとその一つ一つの間隔はおよそ15日。私などは、この
 程度の間隔で十分だと思うのですが、いやいや、もっと細かくしなくてはと
 いう人も多いと見えて、二十四節気の一つの気を更に三分割して作られたの
 が七十二候です。

 二十四節気がそうであるように七十二候も中国で生まれ、中国から日本に暦
 が伝来した七世紀末に、二十四節気などとともに日本に伝えられました。
 七十二候が初めて日本に伝えられた頃の内容を見てみると

  「蟷螂(とうろう)生ず」
  「鵙(もず)始(はじ)めて鳴く」

 のように動物の行動や植物の生育の様子を表した言葉が多く並んでいます。
 こうした動植物の姿から季節の変化を読み取っていたわけです。身近な自然
 の変化を観察し、それを暦の上に記述していった古代中国の人々の季節感を
 垣間見るようです。

 こうして中国から伝来した七十二候でしたが、暦の上の仕組みとしては重要
 視されなかったようです。その理由は定かではありませんが、細分を進めす
 ぎて現実的な機能を失ってしまったからだと私は考えています(七十二候が
 生まれた当の中国でも既にそうだったのかもしれません)。梅や桜の花の咲
 く時期一つとっても、半月(二十四節気の一気の長さ)も違うと

  異常気象か?

 という気にもなりますが、 5日(七十二候の一候の長さ)程度違うくらいは
 異常なことではありません。更に、同じ暦を温暖な地方から寒冷な地方まで
 同じ暦を使うことを考えると、 5日区切りで動植物の様子から季節を読み取
 るというのは無理な相談ですから(七十二候の生まれた頃、それが使われた
 のがかなり狭い範囲だったのかもしれません)。

※と書いておきながらですが、多少の無理は有っても、季節の目安として、七
 十二候を書いておくことで、花の咲く時期のわずかな異同を知る手がかりと
 なるという役割・・・物差しの目盛りのような役割・・・はあり、無意味と
 は言えません。

◇七十二候の変化
 中国から伝来しても日本の季節の変化を読み取る役に立たず、長らく存在感
 の薄かった七十二候でしたが、江戸時代に入り、日本独自の暦である貞享暦
 (じょうきょうれき)では、日本独自の七十二候として復活(?)します。こ
 の日本風に作り直された七十二候を本朝七十二候(ほんちょうしちじゅうに
 こう)といいます。

 本朝七十二候とは、日本の気候風土に合わせて作り直された七十二候のこと
 です。

  蓮始めて華さく

 のようなそれまでの七十二候にはなかった言葉を追加する一方、「鷹化して
 鳩となる」のような、貞享暦が作られた江戸の時代でも、そんなばかなとい
 う言葉は削除されています。また、「寒蝉(ひぐらし)鳴く」のようにそれま
 でもあったものを時期を変えて存続させるなどしています。

 貞享暦が作られたときに日本化した七十二候は、その後と時代とともに少し
 ずつ変わってきました。それは、気候の変化に対応すると言うこともあるで
 しょうし、季節の変化を見る人の目が変わり、着目するものが変わって行く
 からということもあるでしょう。

 こうした変化はこれからも続くわけですから、今後も七十二候が使われ続け
 るなら、七十二候の変化はこれからも続くことになると思います。
 季節の変化を暦に書かれた事柄だけで知るのではなく、自分の目で耳で肌で
 感じるものだということを、忘れなければですが。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2016/01/30 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック