こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■「何日目」と「残り」日数
 今日は、暦の話ではなく、日刊☆こよみのページに関する話です。
 まずは、いただいたご質問から。

 −−−−−−−− なな☆ あきらさんからの質問メール −−−−−−−
 かわうそさん、こんにちは。

 なな☆ あきらと申します。
 毎日、【日刊☆こよみのページ】を楽しく読ませてもらっています。

 先日はたと気づいてから、いろいろ考えを巡らしてみたのですが、
 どうしても分からないのでメールします。

 メルマガの冒頭に、各種暦が記載されていますが、気になったのは下記の部
 分です。

 > 西暦 2016年  7月  9日  [月の] 第2週 第2土曜 
 >  [年の] 191日目 残り 176日
 「年の191日目で残りが176日」と読むと、1年間の日数が367日になってし
 まいます。閏年を考慮してもまだ一日多いように思えます。
 謎解きをしていただけませんか。
 −−−−−− なな☆ あきらさんからの質問メールここまで −−−−−

 きっと、ほかにも「???」と思われた方がいらっしゃるでしょうね。

◇年の何日目?
 さて、ここで一つ例を考えてみます。
 1月2日は、今年の何日目でしょう?
 たぶん、答えは「2日目です」だと思います。
 ということで、日刊☆こよみのページの

    [年の] xxx日目

 もこのように数えています。
 この数え方だと、質問のあった2016/07/09は2016年の 191日目となります。
 この辺は異論が少ないと思いますが、いかが?

◇年の残りは何日?
 こちらも例で考えてみましょう。
 12月30日になったとき、

  今年も残すところ×日

 と表現する場合、皆さんなら「×」に何を入れますか?

  A案 × = 1
  B案 × = 2

 A案は 12/30当日を数えない(「ゼロ」とする)案で、B案は当日も「1」
 と数える案です。
 どちらが正しいというものではないかもしれませんが、私が使うとしたらB
 案の方だろうなということで、私が作る日刊☆こよみのページはこのB案方
 式でカウントしています。

 残日数というより、年の終わりから逆に数えたら何日目かを表しているよう
 なものです。

 つまり、年の初めから数えた日数にも、年の終わりから逆に数えた日数にも
 「今日」が1とカウントされるため、この重複した部分で二つの数をカウン
 トした日数が、一年の日数より1日多くなってしまっているわけです。
 ということで、ひとまず謎解きは終了です。

◇どうなのかな?
 実は以前にもこの件については質問されたことがあります。
 年の初めから何日目という数え方には、まず異論がないのですが「今年も後
 何日」という数え方については、私とは異なる方もいらっしゃるようです。

 すでに書いた通り、どちらが正しいのかは私には判じられないのですけれど
 自分が使う場合という、自分基準で考えるとB案となります。

 例では、わざと 12/30という日を選んだのですが、その翌日 12/31も同じ表
 現方法で表すと、

  本日は 12/31。今年も残すところ1日となってしまいました。

 のように私なら書くだろうと考えます。

  本日は 12/31。今年も残すところ0(ゼロ)日となってしまいました。

 という表現は、どう考えても私には座りの悪い表現に思えてしまうのです。
 ということで、私にとっての座りの良い表現として、現在の方式をとってお
 ります。

◇ついでながら
 以前「その数え方はおかしい」とおっしゃる方に、私はこう考えるというこ
 とで、「12/31 に残り0日というのはおかしいでしょう?」と同様の説明を
 したことがあるのですが、そしたら相手の方から

  12/31 に「今年は残り0日」というのはおかしいというのなら、
  12/31 は「今年最後の日」といえばよいではないか!

 と言われてしまいました。
 ま、その手がないではないでしょうけれど、それってこの話の説明としては
 反則じゃないかなと思ってしまったことがあります。
 ま、最後は単なるボヤキですけれど。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2016/07/10 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック