こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■お月見にまつわる縁起でも無い話(?)
 いよいよ明日は中秋の名月と言うことで、そろそろ準備を始めたかわうそで
 す。準備と言っても、月見団子の調達くらいのことですけど。

 現在一人暮らしで、台所には一切の調理器具のない生活(炊飯器を除く)を
 送っているかわうそなので、月見団子の調達といったところで、出来合いの
 ものを買ってきただけですが。近所の24時間営業のスーパーに、昨日の深夜
 に出かけてみると、しっかりと

  「月見団子」

 何種類もセットになったものが売られていました。

◇縁起が悪い話
 月見団子は調達し、今日あたり薄、野菊などの秋の草花を調達すれば、かわ
 うその月見の準備はひとまず完了。あとは「中秋の名月」が昇るのを待つば
 かりですが、心配なのは天気。

 日本からは大分離れていますが、南の洋上には台風(と熱帯低気圧)が3つ
 もあって、これが秋雨前線を刺激しています。おかげで昨日は雨。今朝も今
 にも雨が降り出してきそうな厚い雲が空一面を覆っています。
 この様子では明日の晩の天気もあまり期待できないかも。

 今年は、名月の日に月の見えない「無月」のお月見となりそうな予感。
 一人寂しく「ヤケ団子」を食べることになるかも・・・なんて、縁起でも無
 い話をしてしまいました。失礼(晴れることを祈らねば!)。

 月見に関して縁起でも無い話を持ち出したところで、もう一つ、月見に関す
 る縁起でも無い話。明日のお月見は、「仏滅」なんです。
 この、日刊☆こよみのページの暦データ、「明日(9/15)のデータ」でご確認
 ください。ね、仏滅でしたよね。
 
◇仏滅名月
 せっかくのお月見に水を差すような話で申し訳無いのですが、これも仕方が
 無い。なぜなら、今年ばかりか去年も一昨年も、そして来年も再来年も、ず
 っとずっと中秋の名月の日は仏滅なんですから。

  中秋の名月は呪われている!!!

 なんてね。
 ま、呪われているかどうかは別として、この縁起でもない話のからくりは実
 は簡単。六曜(大安とか仏滅とか言うあれです)の決め方が旧暦の月日によ
 っていることをご存じであれば、当たり前のことなのです。

 六曜は旧暦の月日だけで決まります。旧暦の月ごとにその一日の六曜が決ま
 っていて、あとは

  ・・・先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口・・・

 と旧暦の月末までこの6種類が循環してゆきます。
 そして旧暦八月一日の六曜はというと、これは「友引」と決まっています。
 さあ、一日が友引ですから

  一日(友引)→二日(先負)・・・十四日(先負)→十五日(仏滅)

 となってしまいます。ですから、六曜の決め方(撰日法)が変わるか、中秋
 の名月の日が旧暦の八月十五日以外の日にならない限り、中秋の名月は未来
 永劫、仏滅の日となります。

 このことから、「仏滅名月」なんて言うこともあるほど。
 中秋の名月が旧暦の八月十五日の月を指す言葉であり続ければ、これからも
 ずっと仏滅名月です。

 でもこれが本当に「縁起の悪いこと」ならば、八月十五日のお月見の風習が
 千年以上も続くことは無かったでしょう。そう考えれば、ずっと「仏滅」で
 あり続けても、そんなに悪いことは無かったと言うことなんでしょうね。

 以上、明日にお月見を控えておきながら、目出度いお月見に水を差すような
 「縁起でも無い」こよみのこぼれ話でした。

 参照 http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0820.htm (仏滅名月のはなし)


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2016/09/14 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック