こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■十三夜の月の名前いろいろ
 明日は旧暦の九月十三夜、後の月見です。
 もうお月見の準備は始めましたか?
 まだ、「暑いですね」といっていた中秋の名月の頃と違って、夜は涼しいで
 はなく肌寒いくらいの気候となりましたから、お月様へのお供えだけでなく
 て、上着の1枚も準備品に加えておいた方が良さそうですね。

◇九月十三夜の月の名前
 さてさて、九月十三夜のお月見については、昨日も書きましたが、本日は昨
 日触れなかった(あるいは、ちょっとしか触れなかった)十三夜の月の呼び
 名について、取り上げてみます。

・後の月、十三夜の月
 まず最初は、スタンダードなところから、「後の月」と「十三夜の月」。
 「後の月」は中秋の名月の後にあるから「後の月」。そのままずばり。
 そして九月十三日の夜の月だから「十三夜の月」。こっちもひねりも何もな
 くそのままずばり。

 毎月、十三夜の月はあるじゃないかといわれそうですが、これは狭義の意味
 での「十三夜の月」だとご理解ください。
 同様に毎月十五夜の月があっても「十五夜の月」という言葉は狭義には「中
 秋の名月」を指す言葉となるのと同様です。

・豆名月、栗名月
 お月見と云えば、お月様にお供えをするわけですが、そのお供えの基本はそ
 の年の収穫物。中秋の名月には、芋(里芋)が供えられることが多いことか
 ら、芋名月と呼ばれるようになったごとく、後の月が豆名月、栗名月と呼ば
 れるのは、このお供え物として、この時期であれば豆や栗が主であったこと
 によると考えられます。

 地方によっては、同じ時期でも収穫物の種類は異なるでしょうから、そうし
 た収穫物と結びついた、独特の呼び名もあるかもしれません。
 ちなみに、山形県米沢市周辺では

  芋名月 ←→ 豆名月

 が一般的な呼び方と反対になっているそうです。

・小麦の名月
 こっちはちょっと違いますが、新潟県の佐渡や長野県の北安曇郡などでは小
 麦の名月の名があるそうです。これは、秋まきの小麦の豊作を願っての呼び
 名ではないかと考えます。この晩の月がよく見えれば、小麦が豊作になると
 いう言い伝えもあるそうですから。

・姥月、女名月
 さてようやく本日のこぼれ話の題名とした「姥月(うばづき)」と「女名月
 (おんなめいげつ)」の登場です。

 女名月の方は、中秋の名月との対比で、それぞれを男名月、女名月と呼び分
 けたものです。大正月を男正月、小正月を女正月と呼ぶのと同じですね。
 「姥月」の方はというと・・・中秋の名月の後の月ですから、年経た名月と
 のいいでしょうか。

 姥というと、老女とか老婆という意味がありますので、そのまま受け取ると
 ちょっと、その、なんですな〜となりますが、そこまで深い意味は無いと、
 思います。多分・・・。

・名残の月、二夜の月
 中秋の名月、そして後の月と二月続いた月見もいよいよ最後と言うことで十
 三夜の月を「名残(なごり)の月」と呼ぶこともあります。
 また、中秋の名月と併せて「二夜(ふたよ)の月」とも呼びます。

◇さて明日は?
 十三夜の月、後の月、豆名月、栗名月、小麦の名月、姥月、女名月、名残の
 月と様々な呼び名を持つ明日の月ですが、ご機嫌よく、夜空を照らしてくれ
 るでしょうか?

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2015/10/24 号
<前の記事 《目次 暦のこぼれ話/コトノハ》 次の記事>
こよみのぺーじ

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2016/10/12 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック