こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■米寿を迎えたミッキーマウス
 本日 11/18はディズニーアニメーションの代表的キャラクター、ミッキーマ
 ウスの誕生日です。

 1928/11/18生まれと言うことですから満88歳。米寿ということになります。
 キャラクターとしては、いつも若々しいミッキーですが、年齢は結構行って
 いますね。毎日のディズニーランド閉園後には、

  今日は疲れた。腰でももんでもらおうか

 なんて言っていたりして・・・おっと、変な妄想の内容を書いていると、い
 ろいろな方面からお叱りをうけそうで、ちょっと怖いので、妄想はひとまず
 止めて現実に戻ります。

◇ミッキーマウスの誕生日
 ミッキーマウスの誕生日は彼が始めてスクリーンに登場した日です。
 ディズニーアニメーション映画の「蒸気船ウィリー」がその初登場。
 ここで人気者となって映画もシリーズ化されて今に至っています。

 ミッキー・マウスの名付け親はウォルト・ディズニー本人ではなくて、その
 奥様だと言われています。
 ウォルト・ディズニー自身はモーティマー・マウスという名前にするつもり
 だったそうですが、

  そんな名前じゃ駄目よ

 と奥様に一蹴され、代わりに奥様提案の「ミッキー」に落ち着いたのだとか。
 今から考えると、「ミッキー」でよかったようですね。

◇ミッキーマウスの成長?
 登場したてのミッキー・マウスの役どころは、機転は利くけど子供っぽいし
 短気だし、ちょっと意地悪だし・・・という、やんちゃというか、いたずら
 っ子のようなものでした。現在の優等生的ミッキーマウスではありません。

 体型も今よりスリムで、顔立ちもちょっときつい。
 まあ、役どころが機敏ないたずらっ子ですから、それにふさわしい体型をし
 ていたというわけです。

 ミッキーマウスの登場する映画の主な視聴者である子供達にしてみれば、い
 たずらっ子のミッキーの設定は愉快なものだったでしょうが、この子供達を
 映画館に連れて行く親の立場からすれば、少々眉をひそめてしまう設定。
 当然親たちからのクレーム(「子供たちに悪影響を与える」とかなんとか)
 が相次いだため次第にその性格は温厚になり、大人しい優等生のミッキーに
 変わっていったようです(喜ぶ子供本人より、映画の代金を払ってくれる親
 向けサービス?)。ま、実社会の荒波にもまれて、ミッキーも丸くなったと
 いうことでしょうか?

 ちなみに、当初のミッキーの目には「白目」が無く黒目だけが描かれていま
 した。ある雑誌の記事(これがまた、世界的にも知られた科学雑誌に掲載さ
 れた論文)でミッキーマウスの顔の変遷を見たことがあるのですが、初期の
 ものは、ちょっと人相悪いです。現在のような大きな白目がついたのは誕生
 から11年経った1939年からだそうです。

 顔の変化に合わせて、体型もだんだんと「ずんぐりむっくり」に変わってい
 ます。温厚な優等生的性格に合わせて、ミッキーマウスの風貌体型は幼体化
 し続けているようです(中年太りではないと思います)。

◇余談:「ミッキー」と「マウス」の関係
 コンピューターの入力インターフェースとして普及して、今やどこにでもあ
 る「マウス」ですが、このマウスの移動距離を示す単位を、

   ミッキー(mickey)

 と言います。名付け親はクリス・ペーターズ(Chris Peters)と言う人物。
 彼はマイクロソフトが作った初めてのマウス(その昔、マイクロソフトがマ
 ウス作っていたこと、世界的にも大きなシェアを持っていたこと、知ってま
 した?)のドライバソフトウェアを書いた人物で、そのプログラム作成の
 過程で、この単位を作ったとか(彼は後にマイクロソフト社の副社長にもな
 った)。

 マウスと言えば、ミッキーと思い浮かぶほど、ミッキー・マウスの名が定着
 したって証拠でしょうね?

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2016/11/18 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック