こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■四月一日さん
 今日は、旧暦の四月一日。
 旧暦のこの日は、更衣(ころもがえ)の日でした。
 旧暦では、四月〜六月は夏の月という扱いでしたから、夏の最初の日には、
 着物から綿を抜いて、夏物に替えるということが為されていました。
 気候的にはまだ「夏」という陽気ではありませんが、さすがに寒い日はめっ
 きり減って、日によっては「今日は暑いね」という言葉も聞かれる頃ですか
 ら、更衣をしたというのもうなずける気がします。

◇「ワタヌキ」
 旧暦時代の更衣の日で、着物の綿を抜くというところから

  「四月一日」 あるいは 「四月朔日」

 と書いて「ワタヌキ」と読む名字が出現しました。
 元々は綿貫とか、和田貫といった名字だったものに当てたものではといわれ
 るようですが、まるで謎々のような読みですから、最初は読めないでしょう
 ね。ただ、一度覚えたら、忘れられない、インパクトのある名字ですね。
 ちなみに、名字由来net というサイトによれば、四月朔日さんは全国におよ
 そ 230人もいらっしゃるのだとか(四月一日さんの方は、一世帯だけとも書
 いてありました。一世帯で何人なのかな?)。

  名字由来net 
  https://myoji-yurai.net/

 私のように、多い順に数えて常にトップ3に入るようなありふれた名字のも
 のにとっては、ちょっとあこがれてしまう名字です。
 (三文判は買えないだろうな、きっと)


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2017/04/26 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック