こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■「旧暦」ってなんでしょう?
 本日は、このメールマガジンでも度々登場する(登場させる)旧暦について
 改めてとりあげてみます。

 改めてどんな風に採り上げるかというと、その詳しい仕組みとかそんなもの
 ではなくて、そもそも「旧暦という言葉の意味は?」といったことについて
 です。

◇旧暦って何でしょう? 
 「旧暦って何でしょう」と改めて問われると何と答えましょうか?
 きちんと答えようとすると案外分かっていないかも知れません。

 旧暦という言葉は元々は暦を改める改暦ということが行われたとき、それま
 で使われていた旧い暦を示すための言葉でした。

  旧い暦だから旧暦

 身も蓋もない、読んで字の如しの言葉です。

 改暦とは暦を作るための約束事、暦法と呼ばれる計算方法や、計算に使われ
 る各種の数値を改めること。暦法が変われば、出来上がる「暦」も当然変わ
 ってきます。日本においてこの改暦が最後に行われたのは今から 145年前、
 明治5年と6年(西暦1872年と1873年)の間に行われた、いわゆる明治改暦で
 す。この明治改暦によって、それまで使われていた天保暦(天保壬寅暦)と
 いう暦は、旧暦となりました。

 さて、ここまでの話のとおりだとすると、旧暦とは明治改暦直前まで使われ
 ていた天保暦のことと言うことになりますが、現実には旧暦という言葉は、
 これとはちょっと違った意味で使われているようです。

◇「いわゆる旧暦」と特別だった明治の改暦
 明治改暦が日本で行われた最後の改暦だったと書きました。ということは、
 それ以前にも日本には何度かの改暦があったと言うことです。

 日本でも改暦は何度も行われてきました。江戸時代に使われた暦に限っても
 天保暦も含め5つあります。ということは4度の改暦が行われたことになり
 ます(細かく見れば5度の改暦といえないこともないけど、この話はまたの
 機会に)。

 江戸時代だけで4度の改暦があったと云うことは、改暦は珍しいことではあ
 っても、特別なものではなかった。しかし、明治の改暦はそれまでの改暦と
 は違った「特別な改暦」と云ってもよいものです。それは明治 6年に行われ
 た「改」の内容がそれまでの改暦とは比べものにならないほど大きなものだ
 ったからです。それは、太陰太陽暦と呼ばれる種類の暦から、太陽暦という
 種類の暦へと変わる、大改暦だったのです。

 明治改暦前まで、日本ではずっと太陰太陽暦という種類の暦を使っていまし
 た。その間行われた改暦は、それまで使っていた暦の計算に使う数値をちょ
 っと直すくらいのもので、暦を作る立場の者から見れば「暦を改める」とい
 えるのでしょうが、その結果出来た暦を使う側の民衆から見れば、どこがど
 う違っているのかわからないくらいの変化しかなかったのです。

 明治改暦は、こうした小さな改変ではなくて、暦の種類が変わってしまう大
 改暦。それまでの暦の常識ががらりと変わる大きな改変でした。

 明治改暦で、まず人々が驚いたのは明治5年と6年と年の切り替わりです。
 何と明治5年は12月2日で終わり、12月3日が来るはずだったところがいきな
 り明治6年の1月1日になってしまったのです。この明治5年の12月は、1ヶ月
 が2日しか無い、日本の歴史上最短の暦月です。
 当時の人からすれば、師走に入ったと思ったらあっという間に正月が来てし
 まったというわけです。皆さん随分戸惑ったことでしょう。

 びっくりしながら新年を迎えた人々は、さらに28日や31日という見たことも
 ない日数の暦月にまたびっくり。月末や月初めの空にぽっかりお月様が浮か
 ぶようにもなりましたし、毎年の暦月の数は12ヶ月のまま!
 びっくりの連続だったことでしょう。

 ・いわゆる旧暦
 明治改暦は、それまで1200年以上も使われてきた太陰太陽暦という暦から太
 陽暦という別の仕組みをもった暦に切り替わった、特別な改暦でした。

 既に書いたとおり、明治改暦以前にも何度も改暦はありましたが、それは全
 て太陰太陽暦という種類の暦に留まったものであり、その違いは暦の専門家
 でなければわからないようなものでしたから、一般の民衆から見ると一つの
 暦が続いていたと考えることが出来ます。

 そのため、現在、「旧暦」という言葉が使われる場合には、最後の太陰太陽
 暦であった天保暦という一つの暦ではなく、太陰太陽暦という大きな暦の種
 類そのものを指しているようです。
 旧暦を陰暦等と称する場合がありますが、こうした点からも一般的な旧暦と
 は日本で使われた太陰太陽暦全般を指す言葉と捉えられていることの現れで
 しょう。

 暦について厳密な暦の話をする上では、こうした使い方は混乱の元ですが、
 かといって一般の使い方と異なる言葉の使い方をしても、これまた別の意味
 で混乱を招くだけです。それで困った私は時折、

  いわゆる旧暦

 という言葉を使います。
 これは「日本で使われた太陰太陽暦全般」を指す意味で旧暦を使っていると
 いうことを示したいときに使っています。
 面倒くさいなとは思いながら、旧暦の話をする上では区別する必要がある場
 合がありますので、しかたがない。苦肉の策です。

 今後、このメールマガジンの中で「いわゆる旧暦」といった言葉が登場した
 なら、「これは漠然とした太陰太陽暦全般を指して使っているのだな」と今
 回の話を思い出して下さい。

 以上、父の日なのに父の日とはまったく関係なく、「旧暦の話」でした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2017/06/18 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック