こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■事の八日(ことの ようか)
 12月 と 2月の 8日は、「事の八日」といい「事納め」の日で有り「事始め」
 の日であるとされています。
 12月 8日は 2月 8日の「事始め」の日に始まった、仕事を終える「事納め」
 の日。この、事納めの日はまた同時に別の仕事の事始めの日でもあります。

◇事の八日
  2月 8日と12月 8日をまとめて「事の八日」と呼びます。
 「事の八日」とはこの日が事納めの日でありまた事始めの日でもあるからで
 す。事納めと事始めが同じなのはなぜかというと、そこで終えるもの、始め
 る事とは誰に対する「事」なのかの違いです。

 「納め」ほうは何かというと、一年の農作業がそれです。収穫を終え、その
 後片付けも済んで、農作業は暫し休止されます。一年の仕事を無事にし終え
 た事を感謝し、仕事を終えるのが「事納め」です。

 「始め」のほうはというと、こちらは、年神を迎えるための正月行事(準備
 から後片づけまでを含め)を始める日とする考えです。つまり年越しの神事
 が始まる「事始め」なのです。

 「事納めの日」が同時に「事始めの日」となるのは、人間の日常の期間と年
 神を迎えるための正月行事という神事の期間とを分ける日であるからです。

◇お事汁
 12月と 2月の「事の八日」には大根や人参、里芋やコンニャク、ゴボウとい
 った作物を入れたお事汁(おことじる)というみそ汁を作って食べる風習が
 有ります。中身を見るといかにも「農作業の始めと終わり」の日に食べる食
 べ物に相応しいものですね。

 私自身はこの「お事汁」を食べる行事を経験した記憶が有りませんが、読者
 の皆さんにはお事汁の風習が残る地域の方もいらっしゃると思います。

   我が家のお事汁

 といった情報が有れば教えてください。

◇針供養の日
 針供養は江戸時代に始まった行事だと言います。
 この針供養も12月 8日に行うところと 2月 8日に行うところがあり、どちら
 かと云えば 2月 8日が有力。

 針供養は、一年の間活躍してくれた古い針を神様に納め、豆腐などの軟らか
 い物に刺して休ませて、やがては塩をかけて土に返す行事ですが、一年の仕
 事を終えた事納めの日に行うという考えと、一年の仕事を始める事始めの日
 からは、新しい針で仕事するので、役目を終えた古い針を供養するという考
 え方があるからでしょう。

 どちらの考えであっても、古い道具を大切に扱う気持は同じ。大切に残して
 行きたい行事ですね。

 さて、事納め(あるいは事始め)の本日、お事汁を食べたとか、針供養を行
 ったとか、この行事に関わる何かを行ったという人はどれくらいいらっしゃ
 るでしょうか。私の場合、針供養は無いですが、お事汁は有ってもいいかな
 と思っています。自分で作るのかな? それが難問ですけれど。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2017/12/08 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック