こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■年明け早々満月2回のお正月
 明けましておめでとうございます。
 本日は、元日。

 いつもの年であれば、雑煮の話題でも始めるところですが、今年は元日が十
 五夜の日に当たるは、1月に2回の満月がある月だは、その2回の満月のどち
 らもちょっと特別な満月だはということで、お月様の話からスタートするこ
 とにいたしました。

◇本日は十五夜、明日は満月。そのうえスーパームーン
 さてさて、新暦では年の明けた本日ですが、旧暦の日付でいえばまだ十一月
 十五日。旧暦の十五日といえば、お月様は十五夜の月ですので、伝統的な考
 え方でいえば、望月、満月です。

 日刊☆こよみのページの皆さんには、言わずもがなのことですが、念のため
 に言えば、天文学的な意味の満月の瞬間は旧暦の十五日にあると決まったわ
 けでなく、1〜2日程度ずれることが多々あるわけで、今回もまた天文学的満
 月の瞬間は今日ではなくて、明日にあります。もう少し細かく示せば、明日
 の午前11時頃に天文学的な満月を迎えます。

 こんな訳で、今年は元日が十五夜の月で、正月二日が満月の日ということに
 なります。年明け早々に十五夜と満月が相次いでやってくるというのはなん
 となく目出度い気分になるじゃありませんか。
 そのうえ、明日の満月は、近頃注目されるようになったスーパームーンと呼
 ばれる月でもあります。

 「近頃注目されるようになった」と書いた通りで、スーパームーンが注目さ
 れるようになったのは、ここ数年のこと。しかも、どうやら占いの世界から
 生まれたもののようで、明確な定義がないので、どこからがスーパームーン
 で、どこからがそうでないのかはっきりしないのでちょっと頭が痛い。

 見た目の特徴としては、地球と月の距離が平均に比べてだいぶ短くなる満月
 または新月を指すらしい。地球と月の距離が近いということは、それだけ月
 が大きく見えるわけで、そんな、いつもより大きく(そしてそれが満月なら
 いつもより明るく)見える月をスーパームーンと称するのでしょう。

 こうした状況になるのは、「満月または新月の時期と月の近地点通過(月と
 地球とが接近する瞬間)の時期が近い場合」なのですので、これを条件とし
 てスーパームーンを探しだすことができます。ただし、満月の瞬間と近地点
 通過の瞬間が完全に一致するわけではないので、両者の瞬間がどれほど違う
 ところまでをスーパームーンとするのかといった決まりがありません。

  困った・・・

 おそらく両者の差が1時間以内であれば、スーパームーンと呼んでも異を唱
 える人はいないでしょう。でも1日も違えば、これはちょっと・・・と思え
 るので、間をとって(?)、差が±6時間以内ならスーパームーンと呼べる
 ことにしようと私は考えています。これくらいの差までを許容すと、大体
 1〜2年に1回くらいの割合で「スーパームーン」といえる月が巡ってくるの
 で、回数的にもいい線の条件ではないかと考えています。

※詳しくは Webこよみのページの「暦と天文の雑学」コーナーの
 「月の距離とスーパームーン」 
 ( http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0530.htm )
 をお読みください。

 さてさて、この勝手な定義でいうと、明日の 1/2の満月はスーパームーンと
 呼ぶことのできる状態のお月様です。地球と月の距離(お互いの中心の位置
 の距離)は、明日の満月の瞬間に約356600kmと、平均の距離に比べて7%以上
 も地球に近いことになります。

 平均より7%近いところに月があるということは、見かけの月の直径は7%大
 きく見えるといえます。見かけの面積で考えると平均よりおよそ15%も大き
 な満月が見えることになります。

 明確な定義云々を気にしないのであれば、確かに大きな満月が見えるので、

  スーパームーン

 と呼びたい気持ちはわかりますね。
 ちょっとあやふやな定義ですが、この定義を用いて考えると、明日はスーパ
 ームーンといってもよさそうです。ああ目出度い!?

◇今月は満月が2回、そして2度目は皆既月食
 さてさて、正月の2日が満月だとすると、平均の月の朔望周期は29.53日ほど
 ですので、月末にはもう一度満月となる日がありそうです。そしてその通り
 で、1/31の22時には再び、月は満月の瞬間を迎えます。

 1月に2度の満月があるなんて、なんかうれしいじゃありませんか。
 そのうえ、この今月2度目の満月は、月食となる満月なのです。
 さらにさらに、今回の月食は皆既月食。皆既の長さが1時間以上もあり、月
 食が始まる時間が21時頃と、小さなお子さんでもまだ起きていられる時間帯
 の月食なので注目も集まりそう。

 月末の皆既月食の話は、また日付が近づけば取り上げることがあるでしょう
 から、細かな時刻などについてはまたの機会に取っておきますが、今月はお
 月様を眺めるのが好きな方にはうれしい月(暦月)となることは間違いない
 ことです。

 まずは、今日と明日の大きな十五夜の月&もっと大きな満月を眺めることを
 楽しみにしましょう。初夢は、その大きな満月を眺めた後にということにな
 りそうですね。楽しみなこと。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2018/01/01 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック