こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■鏡開き (正月十一日)
 正月行事も一段落して、非日常から日常へと生活のリズムが戻って行く頃、
 ちょっと遅れてやってくる正月行事が、この鏡開きです。
 鏡開きを行う日付は1/11というのが一般的なようです。

◇鏡開きには刃物を使わない
 鏡開きの主役である「鏡餅」は年神の霊力の象徴または、年神が宿るもので
 す。鏡開きはその年神の宿ったあるいはその力を象徴した鏡餅を細かく砕い
 て大勢で食べる行事です。簡単に言ってしまえば神様を食べる(こういうと
 ちょっとグロテスクかな?)ようなもので、これにより年神の運んできた霊
 力を行事参加者の皆に分け与えるという意味があります。

 昔から鏡餅を細かく分ける場合は包丁などを用いず、木槌や手によって餅を
 細かく砕いて行くことになっています。
 なぜ包丁などを用いないかといえば、神霊が刃物(金物?)を嫌うためだと
 いわれます。

 うがった見方をすれば、神霊が運んでくる新年は春の始まり。春は五行では
 「木精」。これに対して刃物などの金物は「金精」。これは「金剋木」の関
 係にありますから、新年、あるいは春の気を運んできた年神に対して刃物を
 使うのは、春の気を損なう行為。つまり四季の順当な巡りを阻害する行為と
 して禁忌とされたと、五行説的には考えることが出来ます。

 こう考えれば刃物以外でも、木槌はいいけど同じ槌でも金属の槌(金槌)は
 まずいって事でしょうね?

◇鏡開きは蔵開き
 もともと1/11は蔵開きの日。
 農家にあっては畑仕事の開始である野入りの日。
 この日を仕事の始めとする職種も多かったようです。
 
 蔵の中には鏡餅が鎮座しておりまして、蔵を開いてこの鏡餅を砕き、雑煮や
 汁粉に入れて食べたのが鏡開きとか。

◇御武家様は正月二十日?
 江戸時代の武家の鏡開きはもとは、1/20だったといいます。
 この日甲冑・具足に供えた餅を食べたことから、具足開きなどとも呼ばれた
 ようです。
 武家も商家と同じように1/11となった理由としては、三代将軍家光の忌日が
 1/20であったのでこれを避け、商家等に合わせたのだといわれています。

 さて、餅好きの私はというと、事前に用意していた「あんこ」と一緒に、朝
 はお餅を食べてきました。残念ながら食べた餅は本格的な鏡餅じゃなく、最
 近よく売られている、鏡餅風の形の器に入った小さな袋入り丸餅でしたが。
 元々が一口サイズに整えられている丸餅なので、わざわざ砕く必要はなく、
 「鏡開き」で開いたのは餅の入ったビニール袋の口でした・・・。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2018/01/11 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック