こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■節分と年越し
 今日は節分。
 節分というとよくこんな質問を受けます。

  旧暦の時代は、節分で年が変わると聞きましたが、旧暦の日付ではそうな
  っていないようです。なぜでしょうか?

 これと似た話に、

  立春より前(節分以前)に生まれた人の干支は、1年前の干支である

 などというのもあります。この話にも枕詞のように「旧暦では」とつけられ
 るようですが、こんな話を耳にしたことはありませんか?
 本日はなぜこんな話があるのか、節分と年越しの関係について説明してみた
 いと思います。

◇節分とは?
 このメールマガジンでは度々登場する表現、「暦の上では春ですが」などと
 いう場合の「春」は、二十四節気の立春の日から始まります。
 同様に、夏は立夏、秋は立秋、冬は立冬からそれぞれ暦の上の季節が始まり
 ます。

 全て「立○」です。この「立つ」には始まるという意味があります。
 「出立」とか、「旅立ち」という場合の立つです。
 つまり、立春は 「春立つ ⇒ 春の始まり」 ということですね。

 「立○」は四季それぞれにあって当然 4つですから、総称して「四立(しり
 ゅう)」ともいいます。

 さて、今年の節分は 2/3です。そしてその翌日 2/4は立春。これは偶然でし
 ょうか? いえいえ、偶然ではありません。節分は「四立」の前日を指す言
 葉なのです。

 四立は既に書いたとおり、四季それぞれの始まりの日です。節分は四立の前
 日ですから季節の変わり目ということになります。節分というその名は、こ
 こから生まれています。つまり、

  季節を分ける日 → 季「節」を「分」ける日 → 節分

 です。よって本来節分は四季それぞれ全てにあるわけです。昔の宮中行事を
 しらべると、確かに四季それぞれの節分には節分行事がありました。現在は
 春の節分だけにその行事が残って他は廃れてしまったために、立春前日だけ
 が「節分」だと思われるようになりました。

◇節分を年の変わり目と考える理由
 現在は冬の真っ盛りの新年に、なぜか受け取る年賀状には「迎春」「新春」
 の文字がおどりますね。皆さんご存じの通りこれは旧暦時代の慣習の名残。

 旧暦では、正〜三月は春、四〜六月は夏、七〜九月は秋、十〜十二月は冬と
 考えられてきました。ですから、正月の挨拶状である年賀状には「迎春」と
 なるわけです。

 長らく日本で用いられてきた旧暦ではこのように、「一年は春に始まる」と
 いう概念があります。逆の言い方をすれば、「春の始まりは一年の始まり」
 ともいえます。一方、暦の上の春の始まりは「立春」ですから、

  春は一年の始め + 立春は春の始め → 立春は一年の始め

 となるわけです。さて、立春の前日は節分です。立春が年の始めだとすれば
 その前日、節分は年の終わりを示すことになります。
 こう考えれば、「節分が年の変わり目である」という考えが解ります。

◇実際の旧暦の日付での年の変わり目と、節分が一致しない理由
 節分は立春の前日ですから、ここでは節分自体ではなく立春について考えま
 す。立春は二十四節気の一つとしてその日付を計算されます。

 この二十四節気は、太陽の位置を元に計算される値です(AD1843年以前は、
 冬至の日からの日数で決まっていました。微妙に違いがありますがここでは
 立ち入らないことにします)。

 つまり二十四節気は太陽による暦なのです。
 ここで、「あれ?」と思った方もいらっしゃるでしょう。多くの方は二十四
 節気というと旧暦で決まっているもの。そして旧暦は太陰暦、太陽暦という
 のなら、現在使われているいわゆる新暦ではないかと。
 さて何処がおかしいのでしょうか?

 おかしな点は、「旧暦は太陰暦」という点です。旧暦は太陰太陽暦というの
 が正しく、太陰暦と太陽暦を折衷したような暦なのです。そして、折衷され
 た「太陽暦」としての側面を代表するのが二十四節気なのです。

 ではもう一つの側面である「太陰暦」を代表するものは何かというと、それ
 は「暦月の区切りは新月の日である」と言うこと。
 つまり暦月の一日(朔日)は必ず新月(そして十五夜はだいたい満月)とい
 う具合です。

 旧暦は、日次(ひなみ:日並)を月の満ち欠けで決定し、月次(つきなみ:
 月並)みは太陽の位置で決めるという暦です。月の満ち欠けがちょうど12回
 で1年であれば、立春を毎年正月一日、つまり元日とすることが出来たので
 しょうが、世の中そんなに都合は良くなく、新月の日に立春となるような年
 は滅多にありません。立春は旧暦元日から±15日程の間で変化します。

 旧暦は概念上は「立春を正月とする暦」ですが、現実には「立春付近に正月
 をおいた暦」と言うのが正しい姿です。

  旧暦では節分が年の変わり目

 というのは、現実の旧暦を概念上の旧暦と混同した結果生まれたものです。
 誤解されたものとはいえ、多くの人が「節分は年の変わり目」という考えを
 持てば、本来は年越しの行事であったものが、節分に行われるようになった
 り、節分行事と年越し行事が混ざり合ったりしました。

 現代に残る、節分の夜の鬼追いは、元来は年越しに行われた旧年の邪気、疫
 神を追う追儺(ついな)が元々の姿でしょうし、恵方巻きにしても、新年の
 歳徳神のおわす方向、恵方から福を得ようというものだというのが、その内
 容から容易に想像出来ます。

 「鬼は外、福は内」と唱えながら鬼を追い、恵方巻きを無言で食べるときに
 は、これは年越しの行事でもあるのだなと、頭の片隅で思いだしてください
 ね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2018/02/03 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック