こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■春と夏の境に咲く藤の花(2018)
 『明治の作家斎藤緑雨が「青皇の春と、赤帝の夏と、
  行会の天(ゆきあいのそら)に咲くものなれば、藤は雲の紫なり」
  と書いている。』

 という一文を、お天気博士として知られる倉嶋厚さんの「季節の366日話
 題事典」という本を読んでいて見つけました。

 暦の話には度々登場する中国古代の五行説によれば、森羅万象はすべて五行
 (木・火・土・金・水)の性質の組み合わせで表せるものとされました。森
 羅万象なので、色や季節についてもしかり。ではどのように表されているか
 というと、

  木(青・春)、火(赤・夏)、土(黄・土用)、
  金(白・秋)、水(黒・冬)

 春と青の組み合わせは、人生で云えば春の時期ともいえる十代後半〜二十代
 前半(?)の時代を「青春」と言い表すようなところでまだ残っています。
 ちなみに私はというと、もう白秋の年代ですね・・・
 話がそれてしまいました。本題に戻ります。

  閑話休題

 五行説の表す季節と色を踏まえて緑雨は「青皇の春と、赤帝の夏」と書いた
 のです。そしてその春と夏の間、春と夏が行き会う季節に藤は花をつけるこ
 とから、藤のあの紫の色は春と夏の色、青と赤が混ざり合った色だと言って
 います。

 ちなみに、藤には「二季草(ふたきぐさ)」という別名も有るとか。
 この別名も春と夏、二つの季節に咲く花と言う意味でしょう。

◇藤の花の開花時期
 私の住むあたりでは、四月の下旬頃になると長い房となって咲く藤の花を見
 掛けるようになりますが、日本各地での開花時期はいつ頃でしょうか。

 全国の気象台が毎春、桜の開花時期を発表していることは皆さん、よくご存
 じのことでしょう。気象庁ではこうした生物季節の観測を行っており、いく
 つかの植物については、地域ごとにその開花時期をまとめています。藤もそ
 うした植物の一つ(藤の場合は、日本各地に普通に見られる「ノダフジ」に
 ついてまとめられています)。

 前出の倉嶋さんの著作には、気象庁の生物資料によるノダフジの開花平均日
 も載っていました。それをそのまま使わせて頂くと、
 
  宮崎 4/09、 京都 4/23、 東京 4/23、 長野 5/04
  盛岡 5/22、 青森 5/22、 函館 5/30

 暦の上の夏の始まりは立夏の日、今年(2018年)の立夏は 5/5ですから、この
 時期に咲く藤の花は、まさに「春と夏の境に咲く花」なのです。

 さて、この「春と夏の境に咲く花」の今年の状況はどうなっているでしょう
 か。気象庁の生物季節観測の情報で調べて見ました。その結果は以下のとお
 りです(「ノダフジ」の開花日)。

  宮崎 4/03、 京都 4/06、 東京 ----、 長野 4/19
  盛岡 5/12*  青森 5/18*、 函館 5/21*
 
 *の日付は2017年のものです。東北、北海道などではまだ今年は藤が咲いて
 いないようなので、最新の日付は去年のものでした。それ以外は2018年のも
 のです。
 情報源は、気象庁の「生物季節観測の情報」です
 Webサイト → http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/index.html

 残念だったのは、東京の記録が無かったこと。東京では藤の開花日の観測が
 現在は為されていないようです。

◇身近な植物、藤
 古来から、藤の蔓や皮は丈夫な綱としたり、繊維をとりだして荒栲(あらた
 え、「荒妙」とも書く)と呼ばれる目の粗い織物としたりして使われた有用
 な植物。また、その長く垂れ下がった花房の形は実った稲穂を連想させると
 いうことから豊作を約束するものと考えられた、日本人にとってはなじみの
 深い植物です。

 この昔からなじみの深い藤は、現在でもノダフジやヤマフジといった種類が
 全国各地に自生しています。
 ちょっと郊外に出かける機会が有れば、この春と夏の境に咲く昔なじみの藤
 の花を探してみてください。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2018/04/28 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック