こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■北半球の夏は寒い?
 一昨日の7/7 午前2時ごろに地球がその公転軌道上で太陽から最も遠い点に
 あたる遠日点(えんじつてん)を通過しました(2018年は)。
 その距離は

  およそ 1億5210万km

 太陽と地球の距離の平均は 1億4960万kmですから今日は平均よりも 250万km
 も遠い日ということになります。地球と月の距離はおよそ38万kmですから、
 地球−月の距離の 6.5倍も平均より遠ざかっていることになります。
  250万kmといえば、人間の大体の歩行速度が4km/時ですから、歩き続けて

  2,500,000 / 4 = 625,000時間 ≒ 26042日 ≒ 71.3年

 もかかる距離です。71.3年といえば、人の一生分に匹敵するほどの長さ。
 人生とは重き荷を背負って遠き道を行くようなものだそうですが、その一
 生分の時間(しかも、寝る間もなくとして)かかってやっと歩けるほどの
 距離ですから、随分な長さですよね。
 地球さんもさぞや大変なことでしょう。

◇地球は暗くて寒い時期?
 地球が遠日点を通過する時期というのは、地球が太陽から一番遠い場所にあ
 る時期ということになります。ということは太陽から届く光の量が最も少な
 い時期ということにもなります。

 だとすると、この時期は地球が一年で一番暗くて寒い日と言うことになりま
 す。道理で寒いと思った・・・ということはありませんね。
 この時期北半球は夏。北半球に位置する日本は蒸し暑い日が続く頃です。
 地球と太陽の距離が、平均より250万km遠くなるくらいじゃ、これが原因で
 夏や冬が起きる原因にはならないですね。
 (南半球はこの時期「冬」ですが、これも地球が遠日点付近にあるからとい
 うわけじゃないことは、いうまでもありません)

 地球と太陽との距離が平均の距離より 250万kmも遠いと書きました。
 結構な距離に思えますが、そこはそれ宇宙は大きい。この 250万kmという気
 の遠くなるほどの距離も宇宙の中では微々たる差。太陽と地球との距離から
 見ると、

  250万km / 1億4960万km ≒ 0.017 (1.7%)

 平均距離を100%とすれば、たったの1.7%遠いだけ。
 地球の軌道は楕円・・・と言ってもこれを紙に書いたものをみてもまず、ひ
 しゃげていると気付かないくらいの違いなのです。まあ、このくらいの差で
 すから、あまり大きな影響はありません。ちなみに、地球全体が太陽から受
 ける光の量は、遠日点通過の日は平均より約3.3%少なくなる程度です。

 遠日点を通過した地球は現在、ほんの少しずつ太陽に近づきつつあります。
 地球さん、これからは少しだけだけど、暖かくなりますよ。
 よかったよかった。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2018/07/09 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック