こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■火星と木星の間に
 > この空き地に未発見の新惑星を探そうと、探索をはじめることになりま
 > した。ここからの話は本日採り上げたチチウス・ボーデの法則とは直接
 > 関わりませんのでまたいつか。話の種に困ったら書くことにします。

 暦のこぼれ話に「翻訳者が思いついた「チチウス・ボーデの法則」を書いて
 最後をこう結んだのは数日前のこと。

  「話の種に困ったら書く」

 それは、ずっと先の話と思っていたのですが、その日は思いの外すぐにやっ
 て来てしまいました。そういうわけですので、本日はチチウス・ボーデの法
 則の空き地(?)での新惑星探索の話です。
 もともと、「暦」との関係が希薄だった話の続編なので、こちらも暦との関
 係は大変希薄です(近頃は、よくあることですが)。ご容赦願います。

◇おさらい、「チチウス・ボーデの法則」
 覚えておいでの方も多いと思いますが、ちょっとおさらい。
 「チチウス・ボーデの法則」とは太陽系の惑星と太陽との距離を近似的に表
 す簡単な式です。太陽と土星の距離を 100とすると、

  水星    4 = 4 + 3 ×  0
  金星    7 = 4 + 3 ×  1
  地球   10 = 4 + 3 ×  2
  火星   16 = 4 + 3 ×  4
  ??   28 = 4 + 3 ×  8
  木星   52 = 4 + 3 × 16
  土星  100 = 4 + 3 × 32
  天王星 196 = 4 + 3 × 64
 (式を一般化すると 4 + 3 × 2 ^ n ・・・ [^] は累乗の意味)

 この法則が知られるようになった時代にはまだ、リストの最後に書いた天王
 星は未発見の惑星でした。
 「チチウス・ボーデの法則」が知られるようになった当時は、太陽系の惑星
 は水星から土星までの古代から知られていた5惑星+地球の6惑星だけだと考
 えられていました。

 チチウス・ボーデの法則はこの既知の惑星と太陽の距離を分かりやすく示す
 便利な式だけれど、それだけのもの。偶然の産物に過ぎないと考えられてい
 ました。
 しかし、数千年間続いた5惑星+地球という常識がウィリアム・ハーシェル
 の天王星発見(1781年)によって過去のものとなると、チチウス・ボーデの
 法則は再び注目を浴びることになりました。なぜなら、新発見の天王星もこ
 の法則とよくあうものだったからです(天王星と太陽の距離は、この法則で
 は 196。実際には 192ということで、誤差の範囲?)。

 さて、理由は分からないけれど、未知の天体であった天王星にまで当てはま
 るとなると、チチウス・ボーデの法則は何か意味のある式なのでは無いかと
 多くの人が考えるようになりました。同時に気になったのが、火星と木星の
 間の空白。

  この空白にも未発見の惑星があるのでは?

 そう思う人達が沢山現れたとしても、不思議ではありません。そうして現実
 に、そうした人達が沢山現れました。新惑星発見競争の始まりでした。

◇一人じゃ無理、共同観測!
 新惑星発見の栄光をつかもうと、多くのプロ、アマチュアの天文観測者達が
 夜空に望遠鏡を向けることとなりましたが、目的の惑星はすぐには見つかり
 ませんでした。

 数千年間の肉眼観測の時代に、発見されていなかったわけですから、目指す
 惑星があったとしても、それは肉眼では見ることの出来ない暗い星であるこ
 とは間違いないので、発見が容易でないことには、実際に望遠鏡を空に向け
 た人達にはすぐに分かったはずです。

  一人じゃ無理だ、皆で協力しよう!!

 というわけで、志を同じくする者同士が、それぞれに担当領域を決めて捜索
 するといった共同観測が為されるようになりました。
 有名な所では、フランスの高名な天文学者ラランドの呼びかけに呼応したグ
 ループや、ドイツのリリエンタール天文台を中心としたリリエンタール組と
 呼ばれるグループなどによる共同観測があります。
 さて、新惑星発見の栄光は、どのグループの手に渡るのか?

◇栄光は無欲な者の手に
 新惑星探索熱が高まった頃でも、天文学者のだれもがこれに参加したわけで
 はありませんでした。そんな一攫千金的(?)栄光などには目もくれず、地
 道な観測に精を出す人達もまたいたのです。

 そうした天文学者の一人に、イタリアのシチリア島パレルモ天文台のピアッ
 チ(Giuseppe Piazzi)がいました。ピアッチは星のカタログ(星表)作り
 を行っていました。何千、何万という星の位置を計測して記録するという、
 重要ですけれど、とっても、とっても地味な観測です。この地味な観測を9
 年も続けていました。そして1801年1月1日も何時ものように観測を行ってい
 ました。新年早々から頭が下がります(お雑煮、食べましたか??)。

 この日に観測した星の中に、おうし座の8等級の星がありました。
 翌日、再び同じ範囲の星を観測したピアッチは、前夜観測した8等級の星の
 位置が変わっていることに気が付きました。その後も観測を続けると、その
 星が移動していることがはっきりしました。この星が後に

  小惑星 ケレス(Ceres) ※現在は、準惑星に分類

 と名付けられた星でした。
 ピアッチ自身は、この新発見の天体を彗星だろうと考えていたようですが、
 軌道計算の結果、この星はチチウス・ボーデの法則に示された火星と木星の
 空白を埋める位置にありました。太陽との距離は、土星のそれを 100とする
 方式で表せば、27.7。チチウス・ボーデの法則では28となる場所でした。

 結局、新惑星発見の栄光は無欲の者の手に渡ったのでした。
 ああ、何か教訓的だな。

 ちなみに、発見されたケレスの直径は約260km(現在は約950kmと修正されて
 います)。それまで知られていた最小の惑星、水星でも直径は約4880kmです
 から、かなり小さい。そのために、惑星では無くて「小惑星」と呼ばれるよ
 うになりました(ただし、現在の分類では「小惑星」ではなく「準惑星」に
 分類替えされています)。

◇え、1つじゃないの?
 話がここまでなら、実に教訓的な話で終わる所でしたが、それだけでは終わ
 りませんでした。思わぬ続き話があったのです。
 1802年3月28日、火星と木星の間の領域に2つ目の小惑星パラスが見つかりま
 した。さらに3つ目のジュノー、4つ目のベスタと、小惑星の発見が続きまし
 た。そして現在、火星と木星の間に発見された小惑星の数は数十万。
 あらら・・・。

 小惑星はほとんどが数km〜数十m(それ以下も)のものばかりで、望遠鏡で
 見ても恒星の様に見えることから、ウィリアムハーシェルによって

  アステロイド(asteroid:恒星のような星)

 と名付けられ、火星と木星の間には、膨大なアステロイドが集まっているこ
 とから、アステロイド帯と呼ばれるようになりました。
 小惑星は、昔あった惑星が砕けた破片のようなものだろうという説があり、
 その仮想の惑星に名前までつけられたことがありましたが、現在は、惑星に
 なり損ない、太陽系が生まれた頃の原始の姿を留めたものだと考えられてい
 ます。

 期待した新惑星というわけにはいきませんでしたが、それでもアステロイド
 帯の存在の御蔭で、チチウス・ボーデの法則の空白は埋めることができまし
 た。目出度し目出度し・・・ですよね?

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2018/09/22 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック