こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■秒速1mの旅
 明日は大寒、寒い季節もいよいよその底の底に達するわけです。
 辛い寒さはまだまだ続きますが、それでも底が判るとこの寒さの先も見えた
 気がしてほんの少しだけホッとした気持になるものです。

 そんなホッとした気持になって振り返ると、そういえばこの冬はまだ本格的
 な雪を目にしておりません。私の住んでいる場所は東京の中でも雪の少ない
 海に近い地域なので、不思議ではないのですけれど、東北出身の私からする
 と、雪のないのは冬の風景としては物足りない感じです。

 寒さは苦手と言いながら、雪の降る眺めは案外嫌いではない私ですので、そ
 ろそろ雪の降る様子を眺めて見たいなと思っています。大寒ともなれば、流
 石に雪の降る日がやって来るでしょうね。

◇六花の旅
 雪はその結晶の形から、六花(りっか、りくか、ろっか)とも呼ばれます。
 地上に花の少ない季節に、天からこの六角形の花が送られて来ます。

 雪の生まれ故郷は地上2km付近にある雲の中。
 ここで生まれた六花は一路、地上へと向かって降下を始めます。
 空から地上へ向かう雪の旅の速度は、毎秒1mほどだそうです。
 毎秒1mで2kmの道のりを旅するのですから、雪の地上への旅はおよそ30分。

 この30分の旅の間に、雪は吹く風に流され、時にはバラバラとなって風花と
 なり、また時には同じ旅を続ける仲間と一つになって、大きなぼた雪となっ
 て降ってきます。

 雲を離れて地上までの30分の旅の間、雪はどんな風景を眺めているのでしょ
 うか。様々な風景を眺め、その記憶を地上に届けてくれるかな。

 冬もどうやら、その半ばを過ぎました。
 残りの半分の冬の間に、何度、雪の旅を目撃することになりますか。
 あんまり沢山降られると困ってしまいますが、それでも雪が降る日には、降
 る雪を見上げて、秒速1mの旅の有り様を想像して見ようと思います。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2019/01/19 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック