こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■インフレ気味の「スーパームーン」
 「スーパームーン」という言葉をご存知でしょうか?

 私がこの言葉に気が付いたのは2012年頃。
 私のアンテナの感度が悪いわけ(よくもないけど)ではなくて、案外使われ
 だしてから日の浅い言葉です。

 この「スーパームーン」がどんなものなのか、初めて知った2012年頃に得ら
 れた情報は、満月または新月の瞬間と月がその軌道上で最も地球に近づく近
 地点の通過の瞬間が近接しているとき、月と地球の距離が大変近い状態にな
 る、つまり月が大きく見える状態になることので、このような月を

  スーパームーン

 と呼ぶのだということでした。
 「呼ぶようだ」と、あやふやな言い方になってしまうのは、天文学的な定義
 など無い言葉だからです。このような状態の月は大きく見えることは確かで
 すが、だからといって天文学的に特別な意味があると云うと、そんなことは
 なくて、このため、満月(または新月)と近地点(月の公転軌道中で地球に
 最も接近する地点)通過の瞬間が何時間以内ならスーパームーンというのか
 といった学問的な厳密な定義もなされていないのです。そのため、こんなあ
 やふやな表現になってしまいました。

 とはいえ、2012年頃から「こよみのページ」にも、次のスーパームーンはい
 つですかと云った質問が舞い込むようになり、皆さん、結構関心があること
 が分かりましたので、

 月の距離とスーパームーン http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0530.htm

 という記事をWeb こよみのページに書いてみました。
 この中で、近年(1990〜2050)のスーパームーンと呼ばれそうな月をピック
 アップした表を掲載しています。
 表を作るためには、あやふやな定義では計算ができないので、

  候補A 近地点通過から±1時間以内に新月、満月の瞬間をむかえるもの
  候補B    〃   ±6時間以内に新月、満月の瞬間をむかえるもの

 としてみました。候補Aは、優秀(?)、Bはそこそこといったところでしょ
 うか。

◇2019/2/19〜20の満月はスーパームーン?
 ネットニュースなどを見ていたら、今日の夜から明日の明け方にかけて満月
 をむかえる月(満月の瞬間は2/20 0時54分)がスーパームーンであるとのこ
 と。そうなのかと、自分の書いた記事で確かめてみたら・・・

  ない、今日(明日)の日付が無い!

 計算、間違えたのか?
 と、慌てて確かめてみたところ、今回の月の近地点通過は2/19 18時 3分。
 満月の瞬間が2/20 0時54分ですから、その差は 6時間51分。
 表、作成の時に用いた「そこそこの条件」である、6時間よりもさらに離れ
 ているので、拾い上げられなかったというわけです。ああ、よかった。間違
 ってなくて。

 ちなみに今回の月、満月の瞬間の地球中心からの距離は約35万7千km。
 地球と月との平均距離は約38万5千kmですから、平均より7%以上近く、つま
 り、見える満月の大きさも平均的な満月の7%増しということになります。
 これは直径での話なので、面積でいえば14%増し。確かに大きめではありま
 すね。

◇スーパームーンもインフレ気味?
 2012年当時、計算した表にはない今日の「スーパームーン」でしたが、どう
 やら、スーパームーンもインフレ気味らしいです。

 すでに書いた通り、「スーパームーン」という用語は天文学から来たもので
 はありません。ではどこから来たかというと、占星術の世界。
 本日の日本語版ウィキペディアで調べてみたら、

 ---- 以下ウィキペディア(http://ur0.biz/YCIc)より引用  ----
 (前略)
 スーパームーンという用語は、占星術師のRichard Nolleが1979年に以下の
 ように定義した。
 軌道中で地球に最接近(90%以内)した新月または満月。即ち、地球と月と
 太陽が直線上に並び、月が地球に最も接近した状態。

 Nolleはまた、スーパームーンの位置にある月は「地球物理学的ストレス」
 の原因になると主張した。Nolleは、なぜ90%という数字が選ばれたかについ
 ては言及しなかった。

 近年では、特に最接近して近点から前後1時間以内に満月または新月を迎え
 ることを「エクストリーム・スーパームーン」(Extreme Supermoon)、あ
 るいは「エクストラ・スーパームーン」(Extra Supermoon)と呼ぶ場合が
 あり・・・(後略)
 ----- 引用ここまで -----

 なるほど。
 近地点云々じゃなくて、もともとは「とにかく大きく見えればいい」ってこ
 とか。なら仕方ない。2012年当時、私が作ったあの表の基準(の候補A)は今
 でいえば、「エクストリーム・スーパームーン」なんていうたいそうな名前
 で呼ばれるようになっていたんですね。

 まあ、「めでたいことはいいことだ」。いいことならば沢山あってもいいじ
 ゃない。もともと定義もあいまいな概念なんだしさ〜。
 ということで、どうもスーパームーンもインフレ気味。

 でも、あんまり増えすぎると、有難みも薄れてしまいますから、無暗に増や
 すのは控えたほうが良いのではなんて、他人事ながら心配するカワウソでし
 た。

 そんな心配より心配なのは、皆さんは今夜の天気でしょうか?
 東京の予報では、夜は雨模様。
 スーパームーンも、雨には勝てませんね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2019/02/19 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック