こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■定気法の二十四節気と2033年問題(その3)
 日本で使われた太陰太陽暦、いわゆる旧暦のうち、最後に登場した天保暦は
 それまで、伝統的に使われてきた一年の日数を均等に分割して定める恒気法
 の二十四節気をやめ、黄道を角度によって分割し、その位置を太陽が通過す
 る瞬間によって分ける定気法の二十四節気を採用しました。

 定気法の採用によって恒気法時代では有り得なかった、1つの暦月に複数の
 中気を含む場合が表れることが判ったのです。こうした場合、その暦月を何
 と名付けるべきか。それまでの恒気法の太陰太陽暦で使われた方式は使えま
 せんでした。例えば十月中気(小雪)と十一月中気(冬至)は暦月に名前を
 つけるという機能において、優先順位など無かったからです。

 恒気法では、1つの暦月の間に2つの中気が含まれる等ということは有り得な
 かったわけですから、中気と中気の間に優先順位を設ける必要など無かった
 のです。

 1844年(弘化元年)に天保暦が使われ始めてから8年目、1851〜1852年の間
 に、暦月に2つの中気が含まれる月が初めて表れました。この問題を天保暦
 の作暦者たちはどのように乗り切ったのかを見てみます。

   朔の日  月大小 天保暦  含まれる中気(中気の表す月名)
  1851/ 9/25 大の月 九月   霜降(九月)
  1851/10/25 小の月 十月   −−
  1851/11/23 大の月 十一月  小雪(十月),冬至(十一月)
  1851/12/23 小の月 十二月  −−
  1852/ 1/21 大の月 正月   大寒(十二月),雨水(正月)
  1852/ 2/20 大の月 二月   春分(二月)
  1852/ 3/21 小の月 閏二月  −−
  1852/ 4/19 大の月 三月   穀雨(三月)
  ※朔の日の日付はグレゴリオ暦に換算した日付

 「天保暦」の並んだ月名が実際の天保暦で決定された暦月名です。
 天保暦の作暦者たちは、従来からの置閏法、

  1.暦月は新月(朔)を含む日に始まる。
  2.暦月名は暦月中に含まれる二十四節気の中気によって定める
  3.暦月中に中気を含まない月は閏月(うるうづき)とする。

 を次のように修正しました。

  1.暦月は新月(朔)を含む日に始まる。
  2.暦月中冬至を含むものを十一月,春分を含むものを二月,夏至を含むも
   のを五月,秋分を含むものを八月とする。
  3.閏は2に背かない範囲で適当に配置する。
  4.中気のない月でも閏月とは限らない
   (中気で月名が定まるものではない)

 ううーん、正直、無茶苦茶な感じの規則。
 3,4の規則なんて規則と言ってよいものなのでしょうか?

 この置閏法の改訂によって1851〜1852年の間に発生した問題は、とりあえず
 回避されました。冬至を含む月を十一月、春分を含む月を二月と固定したこ
 とであとは、余った(?)月名を月名の順番に背かないように中気を含まな
 い月に押し込むと、とりあえず、恰好がつきました。やれやれ。

 天保暦は、1844〜1872年の間のわずか29年間しか使われず、その使命を終え
 た暦でしたので「暦月中に複数の中気を含む月」なんていうものは、1851年
 のほかには、1870年(このときは十一月中気と十二月中気が同居)だけで、
 こちらも、改訂した天保暦の置閏法で問題無く乗り切ることが出来ました。

 そして、天保暦が1873年(明治6年)に現在の新暦(グレゴリオ暦)に改暦
 されて、日本は旧暦時代のこうした問題とはおさらばいたしました。
 のはずが・・・

◇旧暦は私暦として生き残る
 1873年以後は旧暦は、公的には姿を消してしまいましたので、これを管理す
 る人もなくなりました。それ以後も、民間では何となく使われ続け続けてい
 ます。こうした公的な暦でない暦を「私暦」などと言います。
 旧暦は「私暦」として誰の管理も受けないまま、何となく現代まで生き残っ
 てしまいました。

 誰も管理しないとは言いながら、計算の方法は判っていますし、置閏法も知
 られていますから、真面目に朔望や二十四節気を計算し、置閏法を当てはめ
 れば、一応、その昔使われていた旧暦のようなものが出来上がります。
 計算は昔と違って計算機(コンピュータ)が行ってくれるので、労力もかか
 らない。そんな手軽さから(?)、なかなか消滅しないのかも。

 ま、「こよみのページ」でも旧暦らしき暦を公開していますから、偉そうな
 ことは言えないのですが。

 しかし、正式にはわずか29年しか使われなかった天保暦では、全ての問題を
 網羅して解決法を示しているはずはなく、希な例外が生ずる可能性は否定で
 きません。その希な例外が2033〜2034年の間に表れます。

 1851〜1852年に出現した問題は、この問題の解決法を「決める」権限を持っ
 た公的な作暦者(この当時は江戸幕府の天文方)が居ましたから、例外が発
 生した場合は

  「この方式で対処することにする」

 と公的な作暦者が決定すれば、それが「正解」になりました。
 しかし、現在、私暦となった旧暦の問題に対して、「正解」を決定する権限
 を持った人がいませんから、天保暦が想定しなかった例外が発生すると、正
 解が判りません。というか、正解はないのです。こうなると、それぞれ勝手
 に旧暦を作っている人毎に

  「私はこれが正解だと思う」

 となり、複数の「正解だと思われるもの」が並んでしまった。それが旧暦の
 2033年問題です。

◇2033〜2034年の間の暦月と中気の並び
 本日の最後に、2033〜2034年の間の暦月と中気の並びを書いておきます。
 皆さんも、それぞれに「私ならこうする」という案を考えて見て下さい。

   朔の日  月大小 含まれる中気(中気の表す月名)
  2033/ 7/26 大の月 処暑(七月)
  2033/ 8/25 小の月 −−
  2033/ 9/23 大の月 秋分(八月)
  2033/10/23 大の月 霜降(九月)
  2033/11/22 大の月 小雪(十月) 冬至(十一月)
  2033/12/22 大の月 −−
  2034/ 1/20 小の月 大寒(十二月) 雨水(正月)
  2034/ 2/19 大の月 −−
  2034/ 3/20 大の月 春分(二月)
  2034/ 4/19 大の月 穀雨(三月)
  ※朔の日の日付はグレゴリオ暦に換算した日付

 さて如何しましょう?
 性懲りも無く「その4」につづく。
 ああ、こんなはずじゃなかったのに!

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2019/07/13 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック