こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■暦の上の梅雨明けの日付
 明日はもう、二十四節気の大暑の節入り日ですが、大暑という割には、一向
 に暑さを感じません。東京ではまだ梅雨が明けず、梅雨寒の日が続いている
 からです。

  そろそろ、梅雨明けないかな?

 そんなことを考えていたら、今朝の天気予報で、東京も今週中には梅雨明け
 になりそうとのこと。人様には迷惑かと思いますが、「暑い」季節が好きな
 私としては、早く梅雨が明けて夏の日差しが現れることを期待しています。

◇暦の上の梅雨明け?
 現在の梅雨明けは、気象庁が「○○地方は××に梅雨明けした模様」といっ
 た具合に発表してくれる日付によりますが、気象庁なんていう有難いものが
 なかった時代は、これに代わって暦の上に「出梅(しゅつばい)」という日
 があって、これが梅雨明けの時期の目安とされていました。

 暦の上には暦と季節の動きを結びつける季節点が幾つもあります。
 有名なところは、二十四節気がそれです。
 今回の出梅やこれと対となる入梅などもまたそうした暦と季節をつなぐ季節
 点の一つ。

 こうした季節点の多くは、現在は太陽の黄道上の位置で決められています。
 「入梅は太陽の視黄経が80度となる日」
 といった具合です。

 昔は、二十四節気との関係で表すことが多く、
 「入梅は『芒種』以後の最初の壬(みずのえ)の日」
 のように決められていました。

 二十四節気は太陽の位置に基づいて決定されているものですので、二十四節
 気を基準にするということは、間接的にやはり太陽の位置から求めていると
 いうことが出来ます。「最初の壬(水の兄)の日」辺りには、梅雨だから水
 の気と関係が有るに違いないという、五行説の考えが垣間見えます。

 さて、「出梅の話」なのに入梅の話ばかりしておりますが、その理由は出梅
 は入梅に比べるとあまりぱっとせず、定義もはっきりしないからです。
 入梅は太陽視黄経が80度の日とされているのですが、出梅はというと、はっ
 きりした定義は無さそうです。

 入梅があって出梅がないというのもバランスの悪い話ですので、何か手がか
 りはないかというと、昔の出梅の定義が有りました。それは、
 「出梅は『小暑』以後の最初の壬の日」
 というものです。

 入梅が芒種以後の最初の壬の日でしたから、出梅が小暑以後の最初の壬の日
 というのは、なかなか判りやすい。後半の「最初の壬の日」のために年ごと
 の入梅や出梅の日の太陽視黄経は同じ値にはならなくなってしまいますが、
 それでも平均すると入梅はだいたい現在の定義である太陽視黄経80度あたり
 となります。

 出梅もこれと同じ規則だと考えれば、「小暑以後の最初の壬の日」の太陽視
 黄経は平均すると 110度程になります。
 これを現代の暦の上の出梅の定義だと考えて、この日を計算してみると、

  2019年の太陽視黄経が 110度となる日 → 7/13

 となります。
 ちなみに、古式ゆかしく「小暑以後の最初の壬の日」を計算すると、7/14と
 なります。

 角度方式でも古式ゆかしい方式でも、暦の上ではもう梅雨は明けていてもい
 いはずなんですが。近頃は気候の温暖化などで昔ながらの暦の上の出梅では
 上手く季節を表せないのかな?

 もっとも、今週中に梅雨が明けるとしたら暦の上の出梅の日付との差は10日
 あまり。これくらいの変動は年によってはあり得ることと、あまり目くじら
 を立てないでもいいのかな?
 ああ、とにかく早く梅雨、明けないかな?

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2019/07/22 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック