こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■菊の節供に寄せて(2019)
 明日は旧暦の九月九日。「九月九日」は重陽の節供の日付です。
 重陽の節供の別名は「菊の節供」。菊の節供という呼び名はもちろん菊の花
 が咲く季節の節供であることからです。

   菊の花の咲く頃

 といえば、やはり今ぐらいの季節ですね。

◇菊は渡来植物
 菊はすっかり日本の花という感がしますが、菊の花は中国からの渡来植物だ
 そうです。
 菊が何年に日本に渡来したかははっきりしませんが、八世紀半ば頃だろうと
 考えられています。

 万葉集の歌のうち、年代のわかっている歌で最後のものは AD759年だそうで
 すが、この時期には菊は渡来していないか、渡来していたとしてもほとんど
 広がっていなかったのでしょう、万葉集の歌の中には菊の花は登場しないそ
 うです。わかっているもののうちで菊を詠った歌の最初は、

   この頃のしぐれの雨に菊の花散りぞしぬべきあたらその香を

 だそうです。これは AD794年の桓武天皇の歌。
 この頃には少なくとも天皇や貴族は菊の花を目にし、菊の香りを楽しんでい
 たことがわかります。

◇菊は長寿の薬
 菊は漢方薬としてよく効く薬、「上薬」に分類されます。
 その効能には「耐老延齢」があるとのこと。

 中国の伝説には、菊の花に宿った水をすすり、数百歳の長寿を得た人物の話
 があります。重陽の節供の菊酒や、着せ綿によって菊についた夜露を吸い取
 りこれを口にする風習はこの中国の伝説にある延齢効果にあやかりたいとい
 う行事なのですね。

◇菊の花は日本の国花?
 海外への渡航がごく普通の旅行となりつつある現在ですから、パスポートを
 目にする機会も増えました。そのパスポートの表紙にあるのは、十六弁一重
 の菊の花の紋章。日本を代表する紋章として菊が使われるわけですから菊が
 国花だと思ってしまいがちですが菊の花は国花ではありません。

 パスポートの表紙には、その国の紋章、あるいはそれに準ずる紋章を入れる
 国際慣行があります。日本には法的に定められた国章はないので、パスポー
 トの菊の紋章は、国章に準ずる紋章として国を代表する花の一つである菊を
 図案化したものだそうです。

 菊の御紋といえば、皇室の御紋章かというと、皇室の御紋章は菊花十六弁ま
 では同じですが弁と弁の間から背面(?)の弁の先端が覗いた八重菊を表す
 複弁の紋章なので、十六弁一重のパスポートの紋章とは異なっています。
 よく見ないと、気が付きませんが。

 ついでに、国花の話が出たついでに、菊が国花でないとしたら、日本の国花
 はなに? 桜? 正解は、「法律で定まった国花は無い」でした。
 身も蓋もない話でした。
 国花が無いので、皇室の紋章となっている菊の花をデザイン化して国章に代
 わるものとしたようです。

 最後の話は暦とは関係ありませんが、「菊の節供」にまつわる話として採り
 上げてみました。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2019/10/06 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック