こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■「天長節祝日」の話
 本日10/31。ハロウィンの日です。
 でも、本日の暦のこぼれ話はハロウィンの話じゃありません。

 本日10/31は大正時代は「天長節祝日」という変わった名前の祝日でもあり
 ましたので、今回はこちらの話を採り上げます。

 天皇陛下の誕生日が祝日であるのは明治、大正の時代も同じですが、現在の
 ように「天皇誕生日」などという面白みの無い名前ではなく「天長節」とい
 う名称でした。天長節の「天長」は、老子の第七章の

  天は長く地は久し(天長地久)。
  天地の能(よ)く長くかつ久しき所以のものは、
  その自ら生ぜざるを以てなり。

 からとられたそうです。
 天は永遠であり地はいつまでも存在する。天が永遠で地がいつでも存在する
 のは、自身の命を育てようとしないからであると言った意味でしょう。

 天長節は天子とも呼ばれる天皇を天に例え、天が永遠であるように天皇の治
 世が末永く続くように祝い寿ぐ日でした。
 明治以降は一世一元でしたから、天皇の治世が末永く続くということは同時
 に天皇陛下の長寿を祝うことにもなります。

 ちなみに、もととなった老子の「天長地久」から、天皇陛下の誕生日を天長
 節と呼んだように、皇后陛下の誕生日は地久節と呼ばれました。

※注意
 平成の時代は、特例法によって生前退位という形で終わり、禅譲のような形
 式で令和にかわりました。

 このようなわけで、明治、大正、昭和と天皇陛下がおかわりになれば日付が
 かわります。明治〜昭和の時代の天長節の日付は以下のとおりです。

  11/03 (明治時代)
   8/31 (大正時代)
   4/29 (昭和時代)

 明治天皇の誕生日は、嘉永 5(1852)年 9月22日。ですが、11月 3日はこの日
 付を新暦に直したものです。
 ついでに、「天皇誕生日」と名を変えてから(昭和23年の「国民の祝日に関
 する法律」施行から)の日付も書くと

   4/29 (昭和24年〜63年)
  12/23 (平成元年〜30年)
   2/23 (令和 2年〜)

 となります(今年、2019年は「天皇誕生日」という名の祝日が存在しない年
 となってしまいました)。

◇天長節祝日?
 大正時代には天皇誕生日は「天長節」という祝日でしたが、本日は大正時代
 にのみ存在した、天長節によく似たもう一つの祝日でした。それは

   天長節祝日

 という祝日です。天長節祝日の日付けは 10/31。つまり、今日の日付です。
 どちらが大正天皇の誕生日かと言えばもちろん天長節の方。
 では天長節祝日は何かというと、病弱でいらした大正天皇が残暑の厳しい時
 期に天長節の各種式典を行うことを厭われたため、式典は寒暑の厳しくない
 時期に行うこととし、この日を「天長節祝日」としたのだそうです。

 この「天長節祝日」というちょっと変わった祝日は残念(?)ながら、大正
 時代一代だけのものでした。今上天皇の誕生日は2/23。立春は過ぎています
 が、まだまだ余寒の残る時期。こっちももっと気候の良い時期にもう 1日、
 「天皇誕生日祝日」なんて祝日作ってくれてもいいのに・・・。

 大正時代には、「天長節祝日」という変わった名前の祝日のあった10/31の
 暦のこぼれ話でした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2019/10/31 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック