こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■小正月に見る行事と月の関係
 本日(2020/1/14)の「今日の記念日」に

  十四日年越し

 があります。小正月の前日ということで、正月十四日を年越しの日と考えた
 ものです。本日はここで登場した「小正月」について書いてみます。

◇小正月とお月様
 正月の行事を大きく二つに分けると、公的な性格の強い大正月(おおしょう
 がつ)の行事と、家庭や地域の行事が中心となる小正月(こしょうがつ)が
 あります。
 大正月は元日を中心とした行事で、これに対して小正月は一月十五日を中心
 とした行事です。

 日本の各地には古い時代から受け継がれてきた様々な年中行事がありますが
 年中行事が行われる日付を眺めてみると、まんべんなくあるのではなくて偏
 りが見られます。どんな日が多いのかと言えば、

  十五日と一日(ついたち、朔日)

 です。確かに、15日とか 1日は「今日の記念日」の情報は多いと日刊☆こよ
 みのページを作る者として実感します。
 さてこの日付を見て、何か思い浮かびませんか?

 現在我々が使っている新暦では、暦月の半ばの日と始まりの日と言う意味し
 かこの日付にはありませんが、太陰太陽暦の一種である旧暦ではそれぞれが

  「満月(十五夜)の日」 と 「新月(朔)の日」

 という意味を持ちます。
 正月の行事も、この満月の日と新月の日を中心として行われる行事の一つで
 す。そして、新月の日を中心とした正月行事が大正月で、満月を中心とした
 行事が小正月です。

 新月を中心とした行事は、新月を暦月の区切りと考える中国式の暦が導入さ
 れてから、これにあわせて行われるようになったもので、満月を中心とした
 行事はそれ以前から行われていた、より古い行事ではないかと考えられてい
 ます。

 なぜなら、行事を暦の区切りの日、正月の場合は一年の最初の月の最初の日
 を中心に行うのはわかりますが、新月は「見えない月」ですからこれが起こ
 る日付は月の満ち欠けの変化をある程度予測出来るほどには天文学、暦学が
 発達してからでないと困難なのです。

 その点でいえば満月は月を直接見て決めることが出来るより単純な現象です。
 そして、暦を作る上で重要なのはその周期の長さであって、起点ではありま
 せんから、月の満ち欠けの周期を知りたいのであれば、新月から新月までを
 はかるより、満月から満月までをはかる方がずっとわかりやすい。このため
 原始的な太陰暦は満月を起点として朔望の周期を組み立てていたと考えられ
 るのです。

 この様に初期の暦は満月から満月までで一区切りという暦であった可能性が
 高く、もしその時代から新しい年の始まりを祝う行事が行われていたと考え
 ると、その行事は当然当時の暦の区切りである満月の時期に行われていたと
 考えられます。

◇中国式の暦の導入と二つの正月
 やがて、中国から「新月」を暦の起点とする進んだ暦が導入され、朝廷がこ
 れを正式に使い始めると、こちらが正式な暦となりますから暦の区切りで行
 われていた行事は、満月の時期から新月の時期へとその時期を移動したので
 はないでしょうか。

 「暦との関係」では暦の区切りが満月から新月に移動したことで行事の時期
 は移動して当然ですが、その一方で「月の明るい時期」に行うという面で行
 事を捉えると、暦の定義が変わっても行事の時期が移動する必要はないわけ
 です。この二つの関係から

  1.暦にあわせて満月から新月に時期を移動した行事
  2.月の満ち欠けにあわせて、暦が変わっても時期が変わらなかった行事
  3.一つが二つに分かれてしまった行事

 といったパターンが出現したのではないでしょうか。
 正月行事はこの3のパターンで、国家の行事としての新年行事は新しく正式
 な暦の区切りとなった新月を中心とした大正月の行事となり、地域や家庭な
 ど私的な性格の強い行事は、昔ながらの満月の時期、小正月に祝われる形で
 残ったのではないかと考えられます。

 こう考えて行くと、小正月というのは、より「古い時代の正月」の姿を残し
 たものと言えそうです。

◇ついでに、盆と正月
 「盆と正月が一緒に来た」などと使われるように、年中行事の中で正月行事
 と対をなす行事にお盆がありますが、こちらは7/15を中心にした行事として
 現在も営まれています(新暦、旧暦、月遅れと、利用される暦は地方によっ
 て異なりますが)。

 この正月と盆の行事はその意味内容から見るとよく似た双子のような行事で
 す。そして正月行事は「年の始めを祝う」という公的な側面があったため、
 一部が新月の時期に移動しましたが、そうした「公的な側面」が少なかった
 お盆はそのまま15日、つまり満月の時期に行われ続けたと考えられます。

 そして、そのお盆のちょうど半年前の日付といえば・・・小正月の日付。
 どうやらこの双子のような行事は本来、一年の始めと折り返し地点(下半年
 の始めともいえる)に配置された同じ行事だったようです。
 このお盆の日付との関係から考えても、本来の正月の時期は満月の時期、つ
 まり小正月の時期だったようです。

※ここでいうお盆の行事とは、仏教伝来以前からあったと考えられる祖先崇拝
 の行事で、現在のお盆行事はこの古い伝統行事が後の時代に仏教行事と融合
 したものと考えられます。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2020/01/14 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック