こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■理科年表の「夜明」と「日暮」
 半月ほど前のことですが、天文や暦についてかなり詳しい方から思いもよら
 ぬ質問をいただきました。その質問とは

  理科年表に「夜明」と「日暮」ってあるけど、これはなに?

 というものでした。
 
   あれれ、ご存じじゃないんですか??

 なるほど、言われてみれば「理科年表」なんていう正確な(現時点では正確
 と考えられているという意味で)数値をまとめた本に掲載しれている数値と
 しては、「夜明」「日暮」という、なんだか曖昧な雰囲気の言葉があること
 自体不思議な感じもしますね。

 まず最初に申し上げておきますが、理科年表にある「夜明」「日暮」という
 ものは、太陽が地平線から昇る、あるいは沈む日出没とは違っています。私
 は「日出没」という言葉を主に使いますが、理科年表ではここれに相当する
 言葉として「日出入」が使われており、もちろん「各地の日出入」という項
 目で各地の1年分(10日ごと)の値も掲載されていますが、これとは別に

  夜明,日暮,日出入方位,南中高度

 というページがあって、東京における値が掲載されています。
 ここにあるのは「日出入方位」で「日出入時刻」ではありません。時刻とし
 て記載されているものはあくまでも、夜明と日暮の時刻です。

◇夜明,日暮と日出入の違い
 理科年表の「夜明」「日暮」が何かは、きちんと理科年表自体に説明があり
 ます。暦部の解説のページに、たった1行ですが次の文が載っています。

  『夜明,日暮 視太陽の中心の伏角が7°21′40″になる時刻である。』
  《丸善 理科年表 (2013年版) より》

 理科年表の版が古いのはご容赦。本棚のスペースの関係で、紙の理科年表の
 購入は最近しておりませんので、最後に購入した紙の版を利用しました。

 なるほど、「視太陽の中心の伏角が7°21′40″になる時刻」なのか! と
 御納得いただけましたね? え、御納得いただけませんかね??

 ここに登場する「伏角」とは「地平線より下向きに測った角度」を表す言葉
 です。比較のために日出・日入は理科年表ではどのように定義されているか
 というと、

  『日の出入りの時刻は太陽の上辺が旧東京天文台(日本経緯度原点)に
   おける地平線に一致する時刻である。(中略)地平大気差の定数とし
   て、35′08″を用い,標高の効果は考慮していない。』
  《丸善 理科年表 (2013年版) より》

 とあります。夜明,日暮の定義とは明らかに違います。ただ、このままでは
 両者の比較が難しいので、理科年表の日出入の定義を夜明等の定義風に書き
 改めると

 「日の出入りの時刻は視太陽の中心の伏角が35′08″+太陽視半径-地平視差
  (≒0°51′17″)となる時刻」

 となります。太陽視半径、地平視差は季節というか、地球が公転軌道のどの
 あたりにいるかで若干変化しまずが平均的な値として16.0′と9″をそれぞ
 れ用いて求めた角度を()内に示しました。
 日出入と夜明等とでは、伏角は約6.5°ほども違うことが分かります。

◇「夜明」「日暮」は「明六つ」「暮六つ」の時刻
 では「夜明」「日暮」なにかというと、その正体をつかむヒントは夜明等に
 ついての説明の中の数字、「伏角7°21′40″」にあります。
 これは、江戸時代に使われた公式の暦である寛政暦と天保暦が

  「明六つ」「暮六つ」の時刻

 を求めるために用いた数値を踏襲したものなのでした。
 ということは、「夜明」「日暮」は寛政暦、天保暦の「明六つ」「暮六つ」
 に対応する概念なのです。

 「明六つ」「暮六つ」は昼と夜の境界を示す時刻でしたから、この伝統的な
 昼夜の境界となる時刻として、今も理科年表に掲載されているのでしょう。

 この話を書くきっかけになった質問をくださった方もまさか、理科年表に江
 戸の昔の明六つ、暮六つの時刻が掲載されているなんて思いもしなかったの
 でしょうね。意外な盲点ですね。

 この話を書きながら、明六つ、暮六つについてはもう少し書いておきたいこ
 とがあるんだけどと思いましたが、話が長くなりすぎるので本日はこの辺ま
 で。続きはまた近いうちに。
 以上、『理科年表の「夜明」と「日暮」』でした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2020/02/09 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック